狭間図書館

適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

善徳女王27話

かった~ぁ~
アルチョン君岩より硬い、ユシンより硬いんでないかい?
トンマンに対する言葉遣いや態度が改まっただけでなく、周りの態度や口調にまでチェック入れてますぜ?
面白いから、良いけど
面白いよ、アルチョン君。
君は、ユシンなんかより断然面白い

善徳女王271
善徳女王272 善徳女王273 善徳女王275
(↑クリックしたら大きくなります)

『善徳女王27話。
昨日放送分は、ユシントンマンへ忠誠を誓い・・・自分の想いを、断ち切る宣言から始まりました
まっ、トンマンユシンの恋愛はどうでも良いけど・・・私的に笑える展開になってきました
アルチョン君もたくさん出て来ているので、目が離せませんねぇ。
特に、馬鹿な事を言ったりやったりして・・・アルチョン君に真面目に突っ込まれているピダムとの掛け合いが笑えます

このピダム・・・私の従兄弟の若い頃に時々くりそつなんですよ
ピダムの方が、良い男ですけどね。
下の画像ピダムが、ムカつく位くりそつ
DVD
特に、意地悪そうな事を考えてそうなこの顔が
子供の頃は、よく虐められたんですよね・・・その従兄弟には
めっちゃやんちゃだったので、本当によく泣かされた。
私は叔父に泣きついて・・・従兄弟は叔父にがっちり怒られてましたけど

この従兄弟は、少し前の叔父の通夜の時に久々に再会して・・・何年か振りなのに、たった人の伯母である私の母に・・・
『伯母さんお久し振りです。元気でしたか?』
・・・と言う事もなく、開口一番・・・
『伯母さん●●と●●と●●作って!食べたい!』
・・・と言って怒られた馬鹿者です
いい歳して、本当にガキっぽい。
そ~言う感じも、ピダムに似ている

『いい歳して・・・挨拶も出来んのか!』
・・・と母に言われていたけど、母も亡くなった父もその従兄弟は可愛いんですよ。
手に負えないやんちゃ君だったので、たくさん怒りもしたけど・・・そんな子程可愛いようで、怒っててもいい歳して頬を抓ったりしても・・・可愛いんですよね
私は今も昔も、可愛いとは思いませんけどね?

従兄弟は、子供の頃母が作って叔父の家に持って行ってあげていたそ~言うものを、むしょうに食べたくて仕方ないと・・・挨拶そこそこ訴えてきたと
その料理を・・・私に覚えろとも言ってましたね。
自分の嫁がいるんだから、教えてやってではない
覚えないし、覚えても作ってやりませんけどね?
めんどくさい!

なので、時々従兄弟の顔がチラつくので・・・私はピダムには萌えられない


昨日はアルチョン君の口から、アルチョン父ちゃんの話しが出ましたよ。
当たり前だけど、父ちゃんいるんだね
そ~言うバックが見えると、キャラが立体的になってきますねぇ。

ところで・・・アルチョン君、君ってば、家にちゃんと帰ってるのかね?
何だか、ず~~~~っとトンマンの傍に居るけど?
徳蔓(トンマン)姫に仕えるは良いけど、君の郎徒(ナンド)達は?
ユシンみたいに、放置ではあかんよ?
ナンチャラと接触してる風なんで、君ならその辺はユシンと違って抜かりないだろうけど。

名門の家の長男なら、家督を継ぐのは君でしょ?
ちゃんと家や弟達の事にも気を配らないと、あきませんよ?
父ちゃん母ちゃん健在か知らないけど、親にあんまり心配かけてはあきませんよ?
あの口振りでは、健在だよね?
まっ、君はしっかりしてるから・・・あんまり心配はしてないのかな?

善徳女王277

別嬪なユシン母ちゃん(画像:右。左は王妃)みたいに、アルチョン母ちゃんも出て来ないかなぁ
ユシン母ちゃん、一応現王の異父妹で王女でもあるから・・・たくさん出て来ますもんね。
くどいようですが、この時既にいるかいないか解らないアルチョン君の嫁さんは出て来なくて良いです
いても可笑しくないですけどね?年齢的に

ポジョンソップムは・・・いるでしょうから・・・ね。
ポジョンの娘が、王女天明姫の息子とドラマの中で結婚する筈だから。

宝宗 石品
(↑クリックしたら大きくなります)

ユシンの両親は、駆け落ち結婚してるんですねぇ。
ユシン父ちゃんは、無くなった国の最後の王の孫で・・・新羅に組み込まれ、身分を与えられ、必死に一族を守って生きていました。
そんな若きユシン父ちゃんソヒョン、勿論花郎(ファラン)だったんですが・・・王室の美しい花に一目惚れをしました。
それが、後のユシン母ちゃん王女萬明(マンミョン)姫でした。

新羅に組み込まれたと言え、亡国の王家の出身。
また、その亡国出身の民の勢力も馬鹿に出来ず、どんなに手柄をたてても・・・どんなに新羅の繁栄に尽力しても、新羅の貴族達は亡国出身の彼らを認めてはいなかった。

そんな立場のソヒョンが、王女萬明姫に一目惚れしても・・・想いが遂げられ、結ばれるなんて事はある筈はなかった。
でも、どんな運命の悪戯か・・・王女萬明姫と亡国の王孫であるソヒョンは、恋に落ちるんですねぇ
けど、王女の母・マノ太后は人の恋に反対し、娘・王女萬明姫を閉じ込めてしまいます。
そこで、ソヒョン萬明姫を救い出すために家に忍び込み・・・人はそのまま駆け落ち結婚してしまいましたとさ。

この事で、王女萬明姫は王家を追放され・・・ソヒョン花郎(ファラン)の肩書きを奪われ、真骨(組み込まれたユシン達の様な者にも、その身分が与えられた)からも降下させられる。
駆け落ちした妹夫妻を不敏に思ったトンマンの父王が、地方の役職を与え・・・そこでユシン父ちゃんは勤めに励んでいた訳ですが、故あって首都に戻れる事になった。

で、その後・・・ユシン母ちゃん、母・マノ太后と和解し、その事でユシン母ちゃんは王室に戻る事が出来、ユシン父ちゃんも真骨花郎(ファラン)に戻る事が出来た。
国の根幹に食い込むには、真骨花郎(ファラン)の肩書きが必要だったので・・・復権して、ユシン父ちゃんは力を持つ事が出来た・・・と。

と・・・ユシン父ちゃん母ちゃんの駆け落ち話しは、史実ではなくインチキと言われているもう1つの文献『花郎世記』の方に書いてあるお話しですね。
今作ドラマのユシンが、一族も何もかも捨ててトンマンと逃げようとしたのは・・・かもねぇ

善徳女王274
善徳女王278
(↑クリックしたら大きくなります)

トンマン『王女様』と呼び、トンマンにはすっかり丁寧な喋りになってしまったアルチョン君。
声が良いから、礼儀正しいのも良いけどさぁ・・・上立場のアルチョン君が少ないのが寂しいな。
でも・・・確実に出番は増えましたねぇ。
しめしめ

出番が増えると、欲が出るもので・・・やっぱりアルチョン君の弟なんかが、『兄上。こちらでしたか。』とか言ってチラリと登場してくれたら嬉しいのになぁ~
お兄さんの言葉に忠実な、そんな弟・・・出て来て欲しいな~。

勿論、花郎(ファラン)だよねぇ。
なので、数人の郎徒(ナンド)を連れたりしててもOK
兄ちゃんみたいに、ソラボル花郎(ファラン)じゃないから・・・どんな色になるのかな?
ユシンとは違う勢力が彼のバックにあるとか何処かで見た気がするから、それを弟が動かしてて・・・指示を仰ぎに来たでも良いよ?

『兄上、家に戻って下さい。父上と母上が心配しています。
父上に、兄上を連れ戻せと言われて来ました。
何をされているのですか?私に話して下さい。』

・・・って言いに来て、事情をまだ話せないから帰されるでも良いな

・・・えっ?台詞や出番が増えてる?
だって、『兄上。』だけだと会話が成立しないじゃん。
アルチョン君の父ちゃんとか母ちゃんも、出て来て欲しい位です
ユシンも父ちゃんソヒョンに怒られてましたが、アルチョン君も父ちゃん怒られて貰おうかな

そんでですねぇ・・・
『今はまだ詳しく話せませんが、父上!私を信じて下さい。』

・・・とかって言ってぇ~
『・・・解った。お前の好きにするが良い。』
・・・とかって父ちゃんに許可されたから、礼をして家を出て来てですねぇ~・・・後を付いてきた弟君に、戻るまで両親や家の事をしっかり頼むぞとか言うんですよ

そんな兄弟のやり取りを見ていたアルチョン母ちゃんが・・・
『理由を聞かずに、行かせて良かったのですか?』
・・・と父ちゃんに聞くとですねぇ~・・・アルチョン父ちゃんが・・・
『息子は私の目をまっすぐに見て話していた。
心に疚しさがないなら、話せる状態になったら話しに来るだろう・・・。』

・・・とか言うんですよ

信頼されてるねぇ!アルチョン
なんて・・・良いなぁ
あぁ、何度も言いますが・・・嫁さんは!本当にチラりとも、出て来なくて良しです

善徳女王279

もう少ししたら、トンマンの姉・王女天明姫の息子(善徳女王の次の次の王様)が成長して出てきますけど・・・その王女天明姫の息子が生まれた年に、番目の弟・貴山(クィサン)を戦で亡くしてるんですね。
その時のアルチョン公は25歳、ユシン公は歳でした。
軍功はあげたかも知れないけど、弟君戦死してんのかぁ~。
武人の本懐かもだけど、悲しいですねぇ

何歳で戦死したか知らないけど、お母さんが頑張って産んで年子だったとしても、その弟とアルチョン君の間にもう人いるから・・・少なくとも22~23歳以下ですわねぇ。
まだ若いのに、気の毒に。
何が武人の本懐だよ。
命を粗末にするんじゃありません・・・っての
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
【 2011/08/31 (Wed) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

善徳女王26話

あぁ、『善徳女王な毎日。
うっと~り、幸せ
色々調べるのが、本当に楽しいですね。
最近の記事の長い事、長い事
楽しいんだから、仕方ない。
善徳女王261
善徳女王262 善徳女王263 善徳女王265
(↑クリックで大きくなります)

このテンションは、51話位まで・・・続くと思いますよ?
62話ですけどね?
この記事的には、まだ26話ですけどね?
後半は、髭面じじぃになったユシンやらアルチョン君が出て来るので・・・ねぇ
テンションが、下がるんだと思うんですよね~・・・私の

史実の方は、事実を知っても面白いけど・・・。
ユシン公が、本当に色を好む英雄だったんだぁ・・・とか。
頑固なじじぃだったんだぁ・・・とか。
アルチョン公は、ユシン公より17歳年上だったんだぁ・・・とか。
109歳まで生きたんだぁ・・・とか。
たくさん・・・ねぇ

善徳女王264
善徳女王を取り巻く第4の男、月夜(ウォルヤ)登場~
まぁ~、安直なお名前
中坊の時・・・友達がそんなペンネームを使ってましたね
途中で喧嘩して・・・大嫌いになった子が
中2病のネーミング・センスですね

ユシン公・アルチョン公・ピダムは実在の人物ですけど・・・彼は、実在の人物ではありません。
けど・・・顔的には、人の中で一番好みかな
アルチョン君は、役の性格や声優さんがあてている声ひっくるめて好きなんですけどね?
顔単体なら・・・月夜かな。
善徳女王266
がぱっちり乙女ちっくで特徴があるこの人物はアルチョン君の郎徒(ナンド)でいつもアルチョン君の傍にいるナンチャラって人です。
ナンチャラ・・・と言うのは、まだ名前が出てないからなんですよねぇ
アルチョン君、名前呼ばないし~。

善徳女王201
(↑クリックで大きくなります)

いつもさり気に傍にいて、修練の時も横に居てアルチョン様。アルチョン様。』呼んでるし、アルチョン君と一緒に行動する事多いのに・・・名無しとは気の毒な
きっと、名前あるんだろうな・・・紹介されてないけど。

ユシンの郎徒
(↑クリックで大きくなります)

ユシン郎徒(ナンド)は、使えなくても名前出てるんですけどねぇ。
後半も登場するみたいなので、名前出してあげて欲しいな。
腕もたつし(←私的にここ重要)・・・結構、出来る奴なんですよ
昨日は、アルチョン君を置いておいて・・・ピダムと行動してたので『何で?と思いましたが。

きっと、アルチョン君に命令されたのね?
そんなシーン無かったけど、きっと!
ねっ!ナンチャラ!

善徳女王267
善徳女王268
(↑クリックで大きくなります)

もう・・・本当に、ドラマの方と史実を混同したらいかんな・・・と思う今日この頃
でも・・・したいじゃん?つい
ドラマのイメージで見てると・・・もうがっかりします
もう、がっかり!です
がっか・・・えっ?・・・しつこい?

ドラマの方のユシンは、純情一途で不器用な風に描かれていましたが・・・史実のユシン公は、恋人を含め人も女が居てですねぇ~、子供が庶子も含め10人もいるとですよ。
子供は良いけど、庶子って・・・なんじゃ!
庶子って!

この時代、そこそこの身分があると何人も奥さん・妾を囲いますけどね?
庶子?せいせい堂々囲えば良いじゃん?
それを・・・庶子?
がっかりだ!ユシン公。
がっか・・・えっ?・・・しつこい?

今作中にミシルの息子ハジョンの娘と已む無く結婚してましたが、結局ハジョンの娘人も嫁いでて・・・妹夫婦(次の次の王夫婦)の娘と別の王女も嫁いでて・・・ユシン!お前なぁ!と指を差してやりたい
それに・・・嫁達以外に恋人が居た。
そりゃ~あ、史実のユシン公が純情一途とは全然思わないけど・・・さぁ

子供10人の内、人は男子だったんですが・・・次男と死ぬちょい前から死ぬ迄逢ってやらなかったんですね。
頑固じじぃが
大きな戦闘があって、その戦いに将軍として参戦してた次男がですねぇ・・・多分、生き残ったから、だと思うんですよね。
お気に召さなかったのは。

その次男以外の将軍は、殆ど全て戦死したので・・・只一人おめおめ生き残った事が気に入らなかったのかしら?
気に入らなかったんですわね、きっと

まぁ、一応本人も敵陣に突入して死のうと思ったようですが、部下に止められてしまったんですね。
『男は、いやしくも生きると言う事に執着を持ってはならない。
面目を失って、これからどう我が父(ユシン公)に逢えようか。』

・・・とか言っていたみたいですけど、結局は死なせて貰えなかった。

この時の戦いで、ユシン公の次男は副将でした。
副将だった故、王様にも許されたんですけど・・・じじぃ(ユシン公)は許さなかったんですね~

結局、ユシン公はその後すぐ79歳で亡くなりますが・・・葬儀に来た次男を、嫁さん(妹夫婦の三女)も追い返してしまってるんですねぇ
その嫁さんは、三従の義』を持ち出しました。
三従とは・・・嫁ぐ前は父親に従い、嫁しては夫に従い、夫亡き後は子に従え・・・と言う事ですね。
私なんかは、どうして女ばかりが従うの?と反発したくなりますけど

この場合、夫であるユシン公が亡くなっているので・・・未亡人は、子供に従わないといけない事になりますね。
けど・・・その次男は、生前(死ぬ間際)夫が子として認められない行いをした。
子としての行いをしなかった者を、どうやって受け入れ母となれよう。
・・・とか言って。

でも・・・じじぃもじじぃなら、ばばぁもばばぁですね
結局、その次男は・・・大戦で生き残っただけなのに、親に捨てられた格好となり・・・その後、死んで恥を雪ごうと戦場に行きますが・・・逆に軍功をあげる働きをして、褒美まで貰ってしまいます。
でも、親に認められていないと己を振り返り、官職は受けなかったそうだとか。
気の毒に。

ユシン公の弟将軍の息子も、敵陣に突っ込み・・・壮絶な戦死を遂げて、味方の士気を上げたそうなので・・・やっぱり、おめおめと生き残りやがって・・・なのかな?


先週記事で上げた、若い花郎(ファラン)の話しの前話しとして、そのユシン公の甥の話しがあるんですね。

ある戦場。
不利な戦いの最中、戦況が不利であったため士気が下がる一方の新羅側。
ある15歳の若い花郎(ファラン)が、人で敵陣に突っ込み当然捕らえられました。
その若い花郎(ファラン)は、生きておめおめ味方の元へと戻る事を厭い、その花郎(ファラン)の心意気?に打たれた敵側は・・・その花郎(ファラン)の首を刎ね、馬の背に乗せ味方の元へと届けてやりました。


その不利な戦闘とやら・・・指揮官はユシン公でした。
50.000の兵を動かし、10分のの百済の5.000の兵に対するのに・・・何故か不利な状況だった。
兵法で言うなら、10倍なら包囲せよ・・・だったと思うんですけど、この状況で新羅・ユシン軍何故不利だったのか・・・な?
窮鼠猫を噛む・・・な状態だから?
勝ち戦で、やる気が失せた?
確かに、敵の百済兵5.000は・・・決死の覚悟の戦いだったそうですけど。

その若い花郎(ファラン)も別の将軍の息子だったそうですが、ユシン公の弟将軍の息子・・・ユシン公の甥にあたる花郎(ファラン)が、父親になんだか言われて敵陣に突っ込み壮絶な戦死を遂げるんですね。
『臣になっては忠に尽し、子になっては孝に尽くすもの。
危急の場に遭遇して命を捧げれば、忠と孝を同時に全うする事が出来る。』

・・・な~んて言ったそうなんですね

この場合の『忠』は忠義、『孝』は(親)孝行ですね。
危機的状況で命をかけて、壮絶な戦死をしたら・・・臣下としては忠義であったと言う事になるし、名誉の戦死を遂げた事で親は周りにも鼻高々で居られますね?
忠義を尽くした素晴らしい息子さんを持って、誇りであると褒めてくれる人は居ても・・・親を遺して先に行くなんて、とは言われない訳ですわ。
だから、そんな馬鹿げた特攻をしても・・・死んで評価が上がる事はあっても下がる事はない

そ~やって、父親に言われて特攻して行った花郎(ファラン)を見ていた別の将軍も、自分の息子にその潔さを言ったら、その息子も同じように突入して行った・・・と
それが当たり前の世界だけど、馬鹿げてますね。
この国でも戦時中散々やった事ですが・・・これは、最大の愚行です。

で、流石に経験の浅い花郎(ファラン)が悪鬼の如く敵を殲滅出来る訳もなく、捕まって敵・百済の階伯(ケベク)将軍の前に引き出される。
ですが、あまりに幼い顔をした花郎(ファラン)に驚いて・・・その階伯将軍が、情けをかけてそのまま元の味方陣地に返してやるんですね。
この将軍の方が、ユシン公より全然カッコイイですね

けど、その若い花郎(ファラン)は生きて戻った事を恥として・・・再び志願して、また敵陣に突っ込んで行った。
で・・・当然また捕まるが、その花郎(ファラン)がおめおめ生き永らえる事を恥だと嫌がったので・・・首を刎ねて、馬の背に乗せ首を味方へと戻してやった・・・と。
この人の行動が、その戦を決するキーポイントになった・・・と

・・・ってか、10倍なら包囲してさっさと殲滅すれば・・・そんな特攻はなかったんではないかい?
ねぇ?ユシン公?
君・・・下手なの?
兵法知らない指揮官なの?

戦場で死ぬのが、武人の本懐・・・ってか?
下らない
数で圧倒的に不利だった筈なのに、敵に情けをかけている百済の階伯将軍の方がカッコイイじゃん


で・・・嫁だくさん、子だくさんなユシン公とは違い・・・アルチョン公の公式に確認出来る夫人と子供人づつでした。
たくさん居てもおかしくない世の中だったので、逆に変な感じですね
単純に、純愛を貫いた・・・のかもだけど。
アルチョン公には興味が少ないので、どうでも良いけど

閼川

私が興味があるのは、今作中のアルチョン君だしぃ
だからちゃんと・・・と言い換えてるでしょ?
・・・えっ?気付かなかった?
自己満足ですからね

アルチョン公は、人兄弟の長男で・・・代々続く名門の家の坊ちゃんでした
ぷぷっ・・・坊ちゃんだって
先祖の中にも将軍を排出しているので、その方向で名の通った家だったのかな?

だったら・・・彼がミシル派にも親王派にも組せず、今作中で中立を保ったのが理解出来る。
武で名の通った名家なら、宮廷闘争なんてのは武人のする事ではない・・・と言う、軍門の出らしい潔い誇りがあったでしょうからね。
どこの派にも属さず、孤高を保てる訳ですわ
武人の家の生まれと言う、名門のプライドがあるでしょうからね。

だから、囮部隊に躊躇なく名乗りを挙げたりしたのかな?
武人の下らない本懐とやらだから
自分の飛天之徒(ピチョンジド)と龍華香徒(ヨンファヒャンド)で・・・とか言った時、何も言わなかったけどユシン『えっ?って顔をしてたし、テレビの前で私も『何でやねん!』と言ってましたけど

善徳女王11-2
(↑クリックで大きくなります)

アルチョン君の飛天之徒(ピチョンジド)の配下として、ユシン龍華香徒(ヨンファヒャンド)が編成されてんだから・・・仕方ない?
その時はまだアルチョン君いけ好かない奴と思ってて好きではなかったから『一人で行けやぁ。どうして道連れ?』と思ってました

・・・えっ?
今なら、どう思うか?
『配下に編成されてんだから、仕方ない・・・な。・・・と思います
当たり前じゃないですか!軍令ですよ・・・軍令

因みに、飛天之徒(ピチョンジド)と龍華香徒(ヨンファヒャンド)・・・実在した記録があるのは龍華香徒(ヨンファヒャンド)だけで、飛天之徒(ピチョンジド)も他の9の花郎徒(ファランド)も、存在していませんでした。
今作の作家が作った、架空の名前だそうです。
結構カッコイイのにな。


ユシン公より17歳年上のアルチョン公・・・ユシン公がソラボルに入城した時、32歳ですか
もう花郎(ファラン)ではなく・・・元花郎(ファラン)の肩書きで、軍やらなんやらにスイッチしているでしょうね。
だから、ユシン公とアルチョン公が花郎(ファラン)同士で会う・・・ってのは、なかったかも知れない。
ユシン公が35歳で初陣した時・・・ユシン公ももう花郎(ファラン)としてではなく、元花郎(ファラン)として出撃しているそうなので・・・
あの人が花郎(ファラン)として絡んでないなんて、何か・・・寂しいな

当時の人の中でも・・・アルチョン公は、結構身体が大きな人だったみたいですね。
素手で、虎を仕留めて捕らえる程の勇ましい武人だったとか
素手でって・・・ゴリラかよ
今作品中のアルチョン君は、線が細いので・・・さすがに虎は無理かな

医療技術の進んだ今の世の中でも、さすがに100歳までとなると難しいのに・・・109歳まで生きたなんて、昔だとしたら本当に凄いですよね
ユシン公の79歳も凄いと思ったけど、中々どうしてアルチョン公も負けていません。

善徳女王が亡くなり、その次の女王も亡くなり・・・その次の王様に推挙されるが・・・老齢を理由に辞退し、王女天明姫の息子を推すんですが・・・その時アルチョン77
その後、32年も生きるとは当人を含め、誰も思わなかったでしょうから・・・普通の感覚なら、そりゃあ77歳老齢ですわね

・・・ありゃ・・・えらく長くなってしまった
続きは、明日。 web拍手 by FC2
【 2011/08/30 (Tue) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

善徳女王25話

さぁ、8月最後の月曜ざんすよ~
今週後半には、に突入です。
は、私の生月なので・・・年の中でも好きな月なんですが・・・一番だらけてて、記憶の少ない月でもあります
記憶がね・・・全然残ってないと言うか、欠落していると言うか
ほほほっ

善徳女王251

『善徳女王25話。
しっしっしっ・・・アルチョン君、たんまり出てきましたねぇ~
しめしめ
黒はピダムの色だけど・・・結構、黒なアルチョン君も似合いますね。

内容的には、王女天明姫が亡くなってしまったので・・・深刻ですけど
アルチョン君がたくさん出てきたので、私的にはしめしめでした
やっぱり良いなぁ~・・・アルチョン

彼は圧倒的多数のミシル一派こじんまりの親王派の中で、頑なに中立を貫いていたそうですが・・・もう、アルチョン君ってば堅物で真面目なんだからぁ~
言い方変えれば、融通が利かない?
その辺の性格は、ユシンと似ているそうで・・・故に、お互いを理解し易いのかも知れませんね。

彼はおそらく貴族の子弟で真骨(片親が王族)でしょうから、そうすると・・・家門を守るとか、諸々あるでしょうに・・・嫌だと思っても、政治的な動きに迎合せねばならない部分もあると思うんですけどねぇ~
自分の意思より、長いものに巻かれる・・・必然性と言うか。
あの頑固者のユシンでさえ、ドラマでは最終的に自分の意思より他を守る事を優先して・・・ミシル派の娘と望まぬ結婚をする訳ですしね?

そうそう、ドラマには出てきませんが、アルチョン君の弟も・・・軍功を上げているそうですよ?
やっぱり、彼の弟も・・・花郎(ファラン)なんでしょうね。
花郎(ファラン)を経由しないと、出世の道はないし。
『兄上。』とか呼ばれているアルチョン君を・・・見て見たかった気もする
このブログの昨日記事で出てきた、龍樹(ヨンス)公と龍春(ヨンチュン)公兄弟のやり取りも、結構良かったので

王女天明姫の婿になった龍樹は、天明姫とトンマンの父王が最終的に次王にするつもりの人物でした。
自分と、従兄弟ですしね。
龍樹の父親であり、廃位された前王は天明姫の大叔父にあたり列記とした聖骨(両親とも王族)で・・・その子であった龍樹兄弟も聖骨
父王が廃位された事で、身分が降下して真骨になってしまうが・・・神聖なる天降種族(王族)のの純潔性を尊ぶ考えからしたら、血筋的には龍樹兄弟は最高だったんですね。
後に善徳女王の結婚相手に龍春公が選ばれたのも、その理由からだった。

まだ、女王の考え自体がなかった世界だったので・・・王女天明姫とトンマンの父王は、王女と結婚させる事によって、龍樹を王にするつもりだった。
しかし、龍樹はまだ功績らしい功績を持っていなかった。
功績をあげるには、軍事的な物が一番早いですね。

だから、当時の最前線に出撃し・・・軍功をあげ、戻って名実ともに後継者・・・となる筈だった・・・んだけど、ミシル派の手によって戦場で殺されてしまうんですね
で、王女天明姫は、未亡人になってしまう・・・と

それでですね?
その戦に行く事になった時、兄である龍樹を止めるんですわ。
弟の龍春公が
それでも兄が止まらないと解ると、自分も行くと言い出す。
けど、今度はお兄ちゃん龍樹が止めるんですね?
自分に万が一があった時は、お前が王女天明姫を守り、王様を助けろと言って。

結局、万が一が現実の物となって・・・以降、龍春公は王女天明姫を助けている・・・んだと。
その龍樹兄弟のやり取りが、結構良かった

ドラマに出て来て、アルチョン君達が囮部隊として頑張った戦い・・・あれは、ソルォン(ミシルの情夫)が勝ち戦の指揮官として褒美を貰い、ユシンの父ちゃんも諸々地位が上がって・・・ユシン自身も領地を貰ってましたが、その戦いの実際の功労者はアルチョン君の弟なんだとか。
ドラマの方では、時期が早められていましたが・・・戦自体は、本当にあった事です。

当時の花郎(ファラン)は200人弱居たそうで、その花郎(ファラン)に従う郎徒(ナンド)の数は、多い時で1.000人近かったそうなので・・・組織としての花郎徒(ファランド)って、結構な大きさだったんですね。

善徳女王252
善徳女王253 善徳女王254 善徳女王255
(↑クリックすると大きくなります)

踵礼・・・良いですねぇ~。(←また言ってる?
やっぱり黒のアルチョン君も・・・結構良いね
あぁ、髪は縛ってね?
結構似合ってるけど・・・戦いにくいでしょ?

王女天明姫を守れなかった罪人だと、自害しようとするアルチョン
私の目には奇抜に見えるけど・・・彼がしているのは、所謂花郎(ファラン)の『死化粧』です。
画像のは、色が落ちちゃってるけど・・・濃いと怖いので何か嫌

王様に王女天明姫を殺した犯人と、命じた黒幕を調べて欲しいと訴え・・・決死の直訴をしたんですね。
因みに、犯人は花郎(ファラン)・テナムボで・・・命じたのは、ミシルの弟であり彼の父親のミセンでした。
まぁ、王女天明姫を殺すつもりではなく・・・トンマンを殺そうとして、間違ったんですけど・・・ね?

大男甫
(↑クリックすると大きくなります)

身分社会で下の者から上の者に何かを願い出すと言うのは無礼なので、場合によっては命懸け。
その死を覚悟しての訴えをする時、花郎(ファラン)は独特な『死化粧』をするんですね。
因みに・・・彼らは、『死化粧』をして必死の訴えをした後・・・聞いて貰えないと、自分で命を絶つんですね
誰かに・・・例えば、訴え出られた方に殺されると言う訳ではない。

される方は・・・もの凄く嫌ですよね?
当時の花郎徒(ファランド)は、命を惜しまず目的を達成する花郎(ファラン)や郎徒(ナンド)ばかりいるから・・・何かっちゃあ、『死化粧』をして訴え出て・・・聞かないと目の前で自決して行くんですよ?
ミシルが前王に廃位を迫った時(話)も、『死化粧』をした花郎(ファラン)と一緒に現れて、受け入れられないと解るや・・・ザクザク自分をさして、花郎(ファラン)達が自決して行ったんですね・・・

この国での、直訴。
あれは、絶対『死罪』と言ったイメージが強いですが・・・ならない場合もありました。
直訴と言う行為をした・・・と言う事自体が処罰の対象になったのは多くなくて、領主等に非を訴え出た時であっても、その訴えが正しくて訴え出た者が勝訴すれば、死罪にはなりませんでした。
それでも、無礼を理由に一刀両断・・・って事が無かったと言えば、嘘になるでしょうけど


この間まで男だと思っていたし、ユシン郎徒(ナンド)だったトンマンが王女だと解りました。
けど・・・まだ正式に王女とは認められていない。

自決しようとした時に現れた『国を出た筈のトンマン』・・・アルチョン君を止めました。
初めは、対トンマンとして接していた彼でしたが、彼女に『誰にも認められないからと言って、お前も認めないのか?』と言われ・・・はっ!として、立ち上がり礼を取ります

で・・・言葉使いも、丁寧なものに改まってしまう。
この辺りが、堅物・真面目人間アルチョン君ですよね?
もう死ぬつもりなんだから、別に無視すれば良いのに

善徳女王12-1

結局、トンマンの言葉に諭され・・・彼女を王女=花郎(ファラン)の主として、嘗て王女天明姫に言ったと同じ言葉で改めて踵礼して忠誠を誓います。
この時は、囮部隊として軍功を挙げ・・・王女天明姫に褒めて貰ったんでしたね。
それまで中立を貫いていたアルチョン君が、親王派になった瞬間ですね

この後のアルチョン君は、王女徳曼(トンマン)姫の命を必ず遂行しなきゃ~・・・と、なんだか頑張ってました
頑張れ、アルチョン君!
一生懸命っぷりが、何か可愛くて笑えるけど
アルチョン役の俳優さんは、この役で新人賞を貰ったそうですが・・・ナイス!

善徳女王256

多分・・・自分を罪人だと言っていたプライド高い花郎(ファラン)が、それを止め・・・新しい主(王女徳曼姫)に従うってのは・・・とてつもない我慢だと思うんですね。
特に、彼の様にまっすぐに生きて来た者には。
彼が花郎(ファラン)として王女に仕えるのは、誉れでしょうけど・・・それでも、死ぬべき時に死ななかったと言うのは、消す事が出来ない屈辱だと思う。

それを指差して、無様な花郎(ファラン)だと言う者はいないけど・・・だからこそ、自分に枷を付けて頑張って王女徳曼姫に仕えるんでしょうね。
アルチョン君、堅物の真面目君だからぁ~
近衛花郎(ファラン)になったら、ますます頑張っちゃうでしょうね。

善徳女王25-1

今は同じ立場だから、ユシンの事を呼び捨てにしてますけど・・・様付けになる事になるのかな?
この後の軍功的には、史実アルチョン公の方が上なんですけどね
彼の性格上無理かも知れないけど、ユシンに対しては最後まで呼び捨てだったら良いな web拍手 by FC2
【 2011/08/29 (Mon) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

善徳女王24話

あぁ・・・気温は低いのに、じめっと蒸し暑いですね~
やれやれ
今日はもう、26日ですね。
休みも後・・・日ですか~。

学生時代・・・今頃、宿題まみれになってヒーヒー言ってましたね
私、初めこそ真面目にやるのですが・・・興味がない事の持続は日と続かないので・・・何処かの家のかつお君の様にギリギリまで慌ててやってました
まぁ、彼は文句を言いつつも・・・親や義理の兄が手伝ってくれてましたけどね?
我が家は、そんな甘い人はいなかったので・・・いつも大変でした。

まぁ、自業自得ですけどぉ!
へへっ

善徳女王241
善徳女王244 善徳女王245
(↑クッリクで大きくなります)

顔の線が細いので、王女天明姫とアルチョン君・・・お似合いですね~
トンマンとユシンは、体格も良いので大きい感じですけど
トンマン役の人、170cmも身長あるそうです。

私も、168cmありますけど
168cmの病気になりにくい理想体重は、62.7キロです。
私は今、病気になりにくい体重と言うのを無視して、こつこつダイエット継続している訳ですね

『善徳女王24話・・・トンマンのねぇちゃん王女天明姫、とうとう亡くなってしまいました
・・・う~ん
ユシンに自分の胸の内を告白して逝きましたが・・・重いですよね
正直・・・重い
嫌われるより好かれてた方が良いですけど・・・気持ちに答えられないし、今際の際だし

特に、ユシン『今後、天明姫守れないよ』宣言をするまでは・・・守る対象でしたし、傍にいれば宣言云々関係なく、守るでしょうから・・・この告白は重過ぎる
に、傷として残りそうじゃん?

善徳女王246

ドラマの方では、惨い死に方をした王女天明姫ですが・・・実際には、父王に言われ徳曼姫に後継を譲る形で城を出て・・・好きだった人と再婚して、女の子供をも産んで幸せに暮したようです。
好きだった人ってのは、ドラマにも出てきますね。
義理の弟、死んだ夫の弟・龍春(ヨンチュン)公です
ドラマの方では、何もなく終わってしまったけど

王女天明姫は龍春公の事が好きだったので、母である王妃にそう告白したら・・・どこをどう間違えたのか、その好きな人の兄・龍樹(ヨンス)公の方と結婚する事になってしまったのだとか
まぁ、父王の方は初めから、弟ではなく兄の方と結婚させるつもりだったそうなのですが

それにしても、間違えて結婚って・・・一旦転がった石が止まらないのと同じで、止まらなかったのかしら?
結局、間違えでもなんでもそこで彼女が結婚しなければ、2代後に王様になる息子は産まれないのだし・・・運命の必然だったのかな?

ドラマに出てきた、王女天明姫の夫・龍樹公は・・・とても優しく、しっかりしてたのに・・・ミシル派に殺されてしまったのがとても惜しかった
ミシルに廃位されたお父さん王はだらしない感じだったけど、父親が廃位されたので身分が下げられ、嫌な目にもあったでしょうに・・・息子達(龍樹公・龍春公)の方は、好人物として描かれていた。
龍樹公が生きていたら、王女天明姫もそうだろうけど・・・何より、王様の助けになったでしょうね。

ヨンチュン
(↑クッリクで大きくなります)

その龍春公、後に善徳女王とも結婚するんですが・・・それは、聖骨(両親共に王族)の後継者を作ろうとしたためだそうなので、好きとか嫌いとかより政治的意味合いが強かったのかな?
離婚と言う概念は出てこないようなので、天明姫との結婚を継続しつつ・・・徳曼姫とも結婚したんかしら?

善徳女王は、とても民のためになる政治を行ないましたが・・・やはり、女王の前例が無かった事が問題となり、内外の調整がとても大変だったそうです。
そのために、大きな乱を回(回は即位前)も起こされ・・・回目の乱の時に、病気で陣没しています。

この時代の『良い王とは、領土を拡大した王の事を言いました。
民が飢えていようと、死んでしまおうと領土さえ増やせば良い王だったんですね。
まっ、評価するのは・・・飢える民ではなく、富める者達・貴族ですけど
だから、民の事を考えて動いていた善徳女王は、それで言ったら良い王とは言えない。

それが、男の王様であったらさほど問題にされなかったでしょうが、初めての女の王様だったから、違いの部分・・・『性別を問題視したのでしょうね。
もう少し善徳女王が好戦的で、民の事を考えない人だったら・・・どうだったのかな?

善徳女王242 善徳女王243
(↑クッリクで大きくなります)

逃げるために、服を取り替えたアルチョン君とユシン
・・・う~ん・・・なんだか、似合わない
やっぱりアルチョン君は黄色で、ユシン青色が似合いますね。
時々、他の色はどうかな?・・・とか思うけど、他の色の人はもうありえませんね

善徳女王247
善徳女王24-1 善徳女王248
(↑クッリクで大きくなります)

王女天明姫を守れず、目の前で死なせてしまった責を取ると覚悟を決めるアルチョン
国を出ると言うユシンと、抱き合って別れを惜しみます。
ユシンは放心してずっとぼ~っと会話を流してましたけど、意味解ってたのかな?
確かに、遺体を親である王夫婦に返しに行くと言うのは止められないし、返した方が良いに決まってるし、追われている自分やトンマンはどうにも出来ないけど・・・花郎(ファラン)として最後の務めって、死ぬ事でしょ?

この国と同じ、武士道ならぬ花郎(ファラン)道と言うのがあって・・・それが、命を惜しまず捧げる事的な感じなんですよね
この花郎(ファラン)道を持った者達の集う花郎徒(ファランド)を体系化した事によって、新羅は三国(新羅・百済・高句麗)統一の偉業を成し遂げる事が出来たと言われています。

真骨(片親が王族)か貴族の子弟花郎(ファラン)を長として据え、花郎徒(ファランド)の構成員である庶民の郎徒(ナンド)で組織された特殊な団体。
花郎(ファラン)だけでなく、郎徒(ナンド)に至るまでしっかり花郎(ファラン)道が根付いていたため、それがその後の偉業に繋がった。

『武を本分とし、勇敢さに最大の価値を置く』
『主君、あるいはお家に忠義を尽くし、自己を顧みない』
これは、武士道の方ですけどね?
通ずるものは・・・ありますね


ある戦場。
不利な戦いの最中、戦況が不利であったため士気が下がる一方の新羅側。
ある15歳の若い花郎(ファラン)が、人で敵陣に突っ込み当然捕らえられました。
その若い花郎(ファラン)は、生きておめおめ味方の元へと戻る事を厭い、その花郎(ファラン)の心意気?に打たれた敵側は・・・その花郎(ファラン)の首を刎ね、馬の背に乗せ味方の元へと届けてやりました。
普通なら、そのまま打ち捨て・・・ですかね?

これで、戦意が喪失する事も多々あるので、戦場では時折そんな惨い晒しをしましたが・・・この場合、完全に逆効果となり・・・若い花郎(ファラン)の命を賭した行動に、下がりきっていた士気が盛り返し・・・不利な戦況を覆し、その戦で勝利する事が出来たとか。

僅か15歳の花郎(ファラン)にも、花郎(ファラン)道が染み込んでいたのですね
武士道とは、死ぬ事と見付けたり・・・でしたっけ?
花郎(ファラン)道も、死ぬ事と見付けたり?
そんな変な事、見付けないで良いのに

花郎(ファラン)達には、殉職・戦死をすると入る花祠堂(ファサダン)と言う御堂がありました。
この国で言う、靖国神社・・・かな?
花郎(ファラン)でなければ入れない、神聖な御堂。

アルチョン君だって、囮部隊の指揮官を命じられ・・・敵に囲まれた時に部隊の指揮をするのを諦めて、後は少しでも相手を斬ってやると言う感じで、花祠堂で会おう!』とか仲間に叫んで言ってますからね~
嫌な掛け声ですけど、本隊の副指揮官に『囮部隊は、死ぬ事が任務だ。』と念をおされて言われているので仕方ない?

私は、罪を自覚するなら・・・その罪の分だけ生きて働け?と思うので・・・死んでお詫びをと言う考え方は許しませんけどね?
死んでお詫びを・・・ではなく、死んで逃げるだけじゃん?
今日放送分(25話)で自決しようとするアルチョン君を、トンマンが耐えろ!と言って止めるんですね。
私がトンマンでも、止めるだろうな。
死ぬ事・退く事は、必ずしも責任を取るとは言えない。

死んで逃げるなんて、許しません web拍手 by FC2
【 2011/08/26 (Fri) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

善徳女王23話

善徳女王232
善徳女王231
(↑クリックで大きくなります)

昨日の『善徳女王は・・・かなり面白かったですぅ!
それより、昨日届いた本の方が面白かったけど・・・テレビ録画の方は、は見ましたよ?
アルチョン君もたくさん出てきましたしね~
郎徒(ナンド)達を指揮する姿、カッコ良かったですよ~
ユシンの郎徒(ナンド)達も勝手に使ってましたけど、理由が彼の私的な事ではないので良しですね。

ユシンの方も、結構頑張っていました。
岩を木刀で叩きながら、万回数を数えるのが好きなユシン君・・・知らず知らずに力が強くなったそうで?
剣を両断し、敵側の郎徒(ナンド)達を棒でなぎ倒していましたね

石品
(↑クリックで大きくなります)

昔はあっさりソップム達にやられてしまっていたのに、昨日は強かったですよ?
あんまりワイヤー・アクションが増えると、嫌になりますけど・・・あれ位なら良い。

善徳女王235

昨日放送分(23話)は、トンマンの双子のねぇちゃん王女がカッコ良くもありました
いつもは、うるうる目で睨むが関の山なのに・・・ユシン父ちゃん脅してましたからね?
基本、身分が下の者は言い返さない社会なので・・・言いませんでしょうけど、昨日は『おだまり!』とか言いそうな雰囲気だった

いつもミシル相手でもそんな風にしてれば良いのに、従う姿勢のユシン父ちゃんに凄んでもねぇ~。
どうなのよ?天明姫?

善徳女王233

↑この人・・・ミシルの情夫のソルォンと言うんですけどね?
結構、渋いおじ様なんですけど・・・そこそこ好きなキャラです

軍関係のトップなんですが、身分が高くなくて結構苦労したようなんですね。
このドラマの登場人物は、悪役であっても・・・なんだか憎めない。
キャラが立っているし、しっかり描かれているので面白い

ミシルはそこそこの権力があって、一応真骨(片親が王族)ですが・・・自分の身分は低いので、自分の息子にも嘗ての自分と同じように日向の仕事をさせてやれないと心を痛めているんですね。
この人も、実在した人だと言われていますが・・・徹底的にミシルに利用され、それでも最後までミシルに全てを捧げ・・・病気になったミシルの代わりに自分を病気にしてくれと願い、願いが叶って病気で死んでしまったそうなんですね。
ドラマの方でも、徹底してミシルに尽くすんですが・・・なんだか切ない役処です

昨日届いた本にも、彼の切ない生い立ちやら育った環境やらが載ってましたが・・・本当に、切ない
のし上って、花郎(ファラン)のトップになるのに、身分が低いからって他の花郎(ファラン)達が従わないって事があったそうなんですね。
ドラマで言うと、話以前の話しですね。

彼の父親は、王様の側室の息子の養子(ややこしい)・・・母親は王様の側室の息子と関係を持ち(一応、不適切な関係らしい)、更にその人の養子まで手を出し、情夫にした・・・自由奔放でしょ?
弾け過ぎですよね?
側室の息子との間に出来た子が、結婚までしようとしていたミシルの初恋の恋人で・・・側室の息子の養子との間に出来たのが、ソルォン。
ミシルの初恋の人の同腹の弟であり、義理の甥でもあるのがソルォンなんですね。
複雑ざんしょ?

初恋の人に似てたから、ミシルはソルォンに恋をして彼を情夫にしたと言うんですよ?
切ないざんしょ?
当時、彼女は夫が居ましたし・・・その時の王様(トンマンのひいじいちゃん)の側室でもあったんですけどね?

ミシルの一族は、王妃をたくさん輩出している家系でしたが・・・王様に色を供する事が一族の仕事でしたそうなので、真骨と言っても身分はそんなに高くはありませんでした。
早い話、代々一族を上げて王様の女(妾)を提供してた訳ですね
だから、成り行きで王妃になったりする者も当然現れる。
そ~言う家系の出のミシルだから、3代に渡って王様の側室になっても・・・不思議な話しではないそうなんですね。

そんな一族の出のミシルは、お世辞にも尊敬されたりするような立場ではなかった。
色を供する家系の者だから、きっと変な目で見られたりもしたでしょうし。
更なる高見を目指すには、色々と限界があった。
普通なら、そこで終わりになる話しなんですが・・・彼女ミシルは賢かったので、先を見据え・・・立場を逆に利用して、権力を手にして行きます。

その彼女なりの覇道の手駒になったのが、ソルォンだったと言う訳です。
まっ、彼女にとって・・・全ての人間が手駒のつですけどね

彼を花郎(ファラン)のトップにまで押し上げたのに、他の花郎(ファラン)達が身分が低いと従わないから・・・かなり年上の貴族の未亡人と結婚までさせて、ソルォンの地盤固めもしたそうですが・・・切ないでしょ?
全てを捧げた人に、そう仕向けられるんですよ?
切ない・・・
自分で大事を成す事は出来ないから、ミシルに掛けたソルォン・・・切ない生き様

まっ、身分だけはお宜しいミシルの夫も・・・そこそこ気の毒ではあるんですけどね?
夫も、夫なりに・・・彼女を理解し、受け入れる。
妻が、王様の妾になろうとも・・・情夫を作ろうとも
他の男の子供を産もうとも・・・
徳曼姫の父王の子供まで、産んでるんですよ。
ドラマには、出てきませんけどね?

まっ、ドラマでは一応生涯独身だったトンマンも・・・子供は出来なかったけど、人も夫がいたそうなので・・・その中に、ユシン公やらアルチョン公が入らなくて良かった
・・・と個人的に思います

ミシルの夫は、トンマンのひいじいちゃんの弟にあたる人物で、ばりばりの真骨です。
今現在、上大等(総理相当身分)で・・・真骨の中では、一番玉座に近いかな。
彼女に一目惚れしなきゃ・・・もう少し穏やかに生きられたかもですね

善徳女王236
善徳女王23-1 善徳女王237 善徳女王238
(↑クリックで大きくなります)

を見ているとですねぇ・・・本当に、血統を重視した考えなんだと言う事が良く解る
まぁ・・・本当に、近親婚が多いと言うか・・・なんと言うか

神聖なる天降種族のの純潔性を尊ぶ考えから・・・なんだそうですが、なんだかねぇ
天降種族ってのは、早い話し空から降りてきた神様ですね。
神様の血筋だから、そのを薄めるより濃くする方を選んでいたと言う事。
まぁ、古くは古代エジプトから、スペインやドイツ等の国でも近親婚はありですけど

ユシン公も、自分の妹夫婦の三女・・・姪と結婚してますし、徳曼姫(トンマン)の祖父母も・・・叔母と甥関係。
すっかり忘れていたけど、ユシン公の母ちゃんと徳曼姫の父ちゃんは・・・同腹の兄妹。
ユシン公と徳曼姫って・・・いとこって事になりますよね。
いとこ同士なら、今この国だってOKですけどね?
おじやおば・甥や姪とは、結婚できません

新羅では三親等(おじ・おば・いとこ・姪・甥)から結婚OKなのかぁ~・・・と思ったら、異母兄弟でも結婚しているようなので・・・もう、何でもあり?なんかしら?
なんか・・・気持ち悪い


そうそう、ドラマの方には出てこないのでどうでも良いですけど・・・アルチョン公は、国の英雄ムンノの娘と結婚したんだそうです。
ムンノもユシンと同じで、無くなった国の王族出身ですが・・・真骨の嫁さんを貰って、彼も新羅の真骨になるんですよね。

ドラマで言うと・・・国を出た時には、結婚してただろうから・・・子供が居てもおかしくないけど、ムンノに子供が居たって方のが正直驚きました
それが、アルチョン公に嫁ぐなんて・・・ねぇ

人気が出たので、ストーリーが付け足されたそうだけど・・・もっと長くなっていたら、その辺も描かれてたかもで・・・私的に、描かれないで良かった良かった
後年のアルチョン君も、ユシンの様に髭を生やすみたいですが・・・いつまでも、髭なしの彼でいて欲しいのに
そ~すると、出世しないって事だから・・・微妙だなぁ

アルチョン君は、トンマンの近衛花郎(ファラン)になるそうなので・・・出番が増えますね
アルチョン君の嫁さんは出て来なくて良いけど、アルチョン君の出番が増えるのは嬉しいですね web拍手 by FC2
【 2011/08/25 (Thu) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

耐え忍んでも面白くない

ふぃ~~~ぃ・・・満腹満腹
今朝は、会社に出勤してから・・・昨日買ったパンを食べました
満腹になりました
満足でした

私はパンに対する譲れないハードルと言うのがあって、それは買った翌日も美味しく食べられる・・・と言うものなんですね?
大概のパンはこのハードルを越せないから、常温で食べる場合はたくさん欲しくても買えないのです
翌日のパンなんて、硬いしパサパサで好きじゃない。
この場合は、冷凍するとか・・・霧吹きで湿らせて、トースターでチン♪するとかは手段として選択していません。
あくまで、そのまま食べる話し。

私は長い間、パンを冷凍保存すると言う知恵は持ち合わせていませんでしたから、パンもミスドのドーナツも翌日は不味いから、その日の内に消費していた。
だから、パンを冷凍保存するようになった今でも、基本にはそのハードルがあるのです。

大体、プロが作るんだから・・・余程でない限り、普通は美味しいでしょ?
だから、常温でそのまま翌日までパサパサとか硬くならず食べられる・・・と言うのが、私のハードル。
時々、焼きたてでもイマイチなパン屋さんもありますが、このパン屋さんは良い。
久々に、わざわざ買いに行こうと思うパン屋さんに出会いました。

満足満足。


あっ・・・データ構うのでもちゃもちゃしてたら、『善徳女王終わってる時間じゃん。
ちぇ~
2階のミーティング・ルームに・・・テレビあるから、オンタイムでアルチョン君見ようかと目論んでたのに~さぁ~。

・・・えっ?今仕事中なんじゃないのか?
仕事中ですよ。
それが、何か?
例え上司が居たとしても、『アルチョン君が見たいから・・・2階でテレビ見て来ます。』と言っても、誰も止めませんよ
済みませんねぇ、緩い会社

大体、今ブログ記事入力している辺りで・・・普通はないでしょ
うちの会社は、OKだけど
ちゃんと、やる事やってるも~ん。
仕事、溜めてないも~ん。
溜めてても、やるけどね~


さて・・・今日は、真面目な事を言いましょうかねぇ~
ここの処、バックヤードで同じ事を繰り返し言っているので・・・そ~言う事をしなくて済むように、このブログは存在していたはずなので・・・このブログ的なお仕事をして頂きましょうかねぇ~。

同じ事と言うのは、このブログでも度々登場したかもな事なんですけど。
『同じ土俵に上がるな!』
・・・ですね

人は、感情から離脱出来ない生き物です。
感情に支配され、生きていると言い切っても過言ではない。
しかし、幸か不幸か・・・その特性?は良い時ばかりに発動されない。
どちらかと言えば、悪い方にその特性?は発揮されてしまう。

例えば、嫌いな人が目に付く。
嫌いだからこそ、行動や言動が目に付き鼻に付く。
まず、自分と同じものさしは・・・たりとて存在しない事を学びましょう。

私の友人に、『普通はさぁ・・・。』が口癖の子がいますが・・・普通とは、自分世界の中だけであって、他人に当て嵌まる基準ではない事を学びましょう。
自分の普通が、万人の普通に非ず。

長さの違うものさしで、相手の長さを必死に測り・・・短いだの長いだの言いますが、あなた様のものさしはmmの長さからして相手と同じものではありません。
あなたにとってのcmが、相手にとってはmかもしれないじゃないですか?
そんなに隔たりがあるのに、『合わない、合わない、おかしい。』と言うあなた様は・・・おかしな事を言っていませんか?
確実に、言ってますよね?

嫌いじゃないと、そんな長さの違いが大目に見られるのに・・・嫌いだと、cmの違いすら許せなくなる。
それが、人と言う生き物です。

人に優しく接するのは、その人のためではなく・・・如何に自分が気持ち良くいられるかなのです。
人のためではない、自分のためにするのです。
これは、利害関係を基軸に・・・ではなく、人に必要な生き方なのです。

相手が、何かイライラしてあなたに冷たく接したら・・・あなた様は笑っていられますか?
えぇ、笑っていられるでしょうとも。
その人の事が、嫌いでない内は。
あなた様の心の器が、軋みをあげない限りは

あなた様も人ですから、許せる人許せない日があるでしょう。
そんな許せない日に、何もしてない自分にイライラ冷たく接する人がいたら・・・笑えませんよね?

イライラして、物に当たる人を見るのは・・・私はとても不愉快です
なので、自分もしないように注意しています。
イライラしているからと言って物に当たっても、決して心は晴れないし・・・逆に周りにイライラを伝染させ、自分のイライラが増幅します。

人様が、自分が気に入らない態度をしていたら・・・その人を責める前に、まず自分は何かをしていないか考えて下さい。
何もしてませんか?
何もしていないのだとしたら、相手の人にさりげに注意してあげましょうね。
その時は、直球ストレートに・・・『何イライラして物に当たってるの?ではなく、怒りを抑え『どうかした?』ですよ?
聞き方を間違えると、相手は頑なになりますからね?
聞き方に注意をしましょう。

心当たりがありますか?
それは、あなた様が悪いのでしょうか?
相手が悪いのでしょうか?

あなた様が悪いのだとしたら、あなた様の行動は最低ですね
人に迷惑をかけた挙句、イライラ物に当たって更に相手や無関係な周りをイライラさせるんですか?
一生、そうしているつもりですか?
そんな事をしていたら、友達は逃げて行くでしょうね
寂しい人生ですね。

えっ?友達はたくさん居る?
あなた様の友達定義は、きっと私の定義だと『知人』レベルですね。
そ~言うのは、友達とは言いません。
いざとなったら、あなた様のために動いてくれる友達が・・・何人いますか?

そうですか、相手が悪いのですか
では、それは相手に言って理解させねばならない事ですね。
確実に、あなた様はその手を抜いてます。
面倒だとか、そうじゃないとか・・・そんな事を言っててはいけない部分ですよ?

で言って解らない人間が、あなた様が物に当たっている姿を見て・・・がっくり反省すると思いますか?
もしそう思っているのだとしたら、あなた様はまんがの世界で生きているんですね

残念ながら、相手の人にそんな繊細な感覚があるなら、初めからあなた様を怒らせてはいないのですよ。
相手が理解出来ないのは、あなた様のせいではありませんが・・・理解させる努力は必要なんですよ?
放置プレイは、何も解決しないのでいけません。

そもそも、あなた様も子供ではないのだから・・・物に当たるのは見苦しいので止めましょうね?
そんな事をやって良いのは、10歳以下の子供まで。
あなた様は・・・何歳ですか?


同じ土俵で戦っていない人に腹を立て、本来なら同じ土俵に上がれないのに勝手に上がり、自分の思う通りにならないと言って更に腹を立てる。
なんと、無駄な時間なのだろう
なんと、自分勝手なのだろう
どうせなら、イライラ時間過すより・・・うきうきワクワク30分過したいと思いませんか?

挑発されても、同じ土俵に上がってはいけません。
相手と刺し違える覚悟でも、しているなら・・・止めませんけどね?
ガチンコ勝負も出来ない癖に、闘争心ばかりこんもりてんこ盛りでどうしますか?
周りに迷惑なので、そんな闘争心は捨てて下さい。
ゴミにもなりません。

相手の態度を見て、腹が立つなら・・・まず自分が何をしたかよく考える。
先に自分が何かをしたのでしたら、その相手は鏡と同じ。
自分の投げた石が、壁に当たって勢いよく自分に跳ね返り・・・オマケに水飛沫のオマケが付いているのも、先にあなた様が人に石をぶつけたせいでしょう?

そ~言うのは、世間的には自業自得と言うのです。
そこであなたには、腹を立てる権利はありません


それを踏まえ・・・相手に接して、相手の態度が優しくなったなら。
それは、あなた様の接し方の手柄です

そう、そんな態度をされれば、相手も腹が立たないし・・・自分もイライラしなくて済むのですよ。
解りますか?
人って、単純でお馬鹿さんなのです。
簡単でしょ?

の我慢が良いか?10の我慢が良いか?』
どちらの我慢が良いか・・・考えるまでもないですね。
私はどちらかと言うとなのでっけはないので・・我慢はもしたくないですね
だから、最低レベルのは我慢するけど、それ以上はしたくないのです。

嫌だ嫌だと言いつつ、相手の動向を気にして・・・嫌いなのに、日じくじく相手の事を考える。
無駄な時間、無駄な思考、無駄ばかりの行い。
不毛ですなぁ

相手を好きになる努力をしろ・・・と言う方も居ますけど、嫌いな相手を好きになる努力をする必要はない。
精神的にも良くないし、第一無駄ですからね
嫌いな相手を、なるべく考えない・見ない時間を増やす努力こそ必要ですね。
で、唯一接する時は・・・最低限の事さえきちんとすれば、あなた様が何かをイライラする事も軽減するでしょう。

同じ様には動けない、同じ様には考えられない、同じ様には生きられない。
だったら、相手に関わらない事が一番なのです。

時々、誰それが嫌いで腹が立つから、いつか足元掬ってやりたい・・・的な事を言う方がいますが、そんな事を目論んでいる人の方こそ、周りに味方はいないんですよねぇ
周りに味方がいないのに、更に敵を増やしてどうしますか?
自分を不利な方に追い込みたいのかと思えるそんな方、決して少なくありません。

きっと、なんですね?
私はではないので、何が楽しいか解りませんけど・・・
打たれえて、追い込まれて・・・悶えたいんですかね?
変な性癖ですね

私は面倒くさがりの怠け者なので、道は平坦で石が転がってない方が良いし・・・疲れたら、誰かが手を差し伸べてくれたら楽で良いし・・・乗り物に乗せて貰えるなら、更に歩かなくて楽で良いと思ってますから・・・それをするための最低限の行動位します
『お正月に休みたいなら、お節を作ろうかね。』
・・・ですよ

私は、不味いからお節を食べませんけど
正月早々買出しに行くのが邪魔臭いので、年末に買いだめ位はします
それが最低限の、の我慢と言う奴ですね。


人付き合いは、難しい。
前述した物は、一応・・・相手の立場が対等ないし、対等に近い関係での話しですので、上の立場や下の立場なら・・・また対応は変わりますね。
でも、『同じ土俵に上がらない!』と言う基本姿勢は同じなのです。

相手が上の立場なら、きっとあなた様の事情は理解しないし、無理を言いますね?
気の毒ですが、その人と対等な立場でないのだから、あなた様がそこに居続ける事を選ぶのであれば、我慢するしかありません
だからと言って、何もかも我慢して耐えろとは言いません。

例え相手が上の立場であろうが、間違っているものは間違っているし・・・駄目なものは駄目とはっきり言う事はしなくてはいけません。
上の立場であるからと言って、人の事を足蹴にして良い訳ではないし・・・人の心を傷付けて良い訳でもありません。
しかし、そんな事が解らない程・・・相手の心は病んでいるし、気の毒な程お馬鹿さんなのです。

病人さんやお馬鹿さん相手に、喧嘩は出来ませんでしょ?
したいと思っても、相手になりませんよね?
私がここで言う我慢とは、そ~言う意味での我慢です。

それが出来ないのであれば、相手が例え何処かの国の王様であっても、神様であっても・・・戦線離脱をすれば良い。
対等に、相手をする必要はありません。
それは、卑怯でもなんでもありません。
場合によっては、敵前逃亡已む無し・・・と私は思います

その人に、たくさんの借りがある?
借金を返さないといけない?
恩がある?
それがどうしました?

まず、自分の身と大切な者達や家族の居場所を確保して、そこでじっくり借りを返していけば良い。
自分の足場も確保できない不安定な状態でいるより、どっしり構えて落ち着いてから返して行けば良い。

借りたものは、返すのが当たり前。
返す量が少なくても、塵だって積もれば山になるんですよ。
歩いていれば、いつか地平線の彼方にだって辿り着きます。
あなた様が歩みを止めないなら、何処にだって行けるし・・・何だって出来るのです。

敵前逃亡するのはいけませんが、戦線を離脱して・・・体制を立て直すのは、必要な事ですよ?
それを卑怯と言う者がいましたら、その人はあなた様の事情を知らない無責任な人なので・・・気にする必要はありません
どうせ、口だけで、その人は絶対何もしてくれませんからね

行動するのは、色々あるし・・・簡単にはいかない。
けど、その行動は・・・まずあなた様の心を軽くしてくれる事でしょう。
その心を軽くすると言う事が、どんなに大きな活力になるか・・・理解しましょうね?
『どうして、もっと早く行動しなかったのだろう?こんなに楽になるなんて。』
そう言っているあなた様は、容易に想像できますよ?

人は、何をするにもやりがい・生きがい・楽しみが、どうしても必要なんです。
あなた様は、まず一番先に・・・自分の心にそんな栄養を与えてますか?
人が、与えてくれるのを待っていてはいけません。
私は最近、自分に栄養をせっせと与え過ぎ・・・心がぷっくり太り過ぎてますけど、取り敢えず心が太ってるから色々頑張れてます

なんでも与えてくれるそんな便利な人は、絶滅危惧種なので早々いません
人生をやり直しのは、早ければ早い程良い。

家族が理解しない?
家族が面倒がる?
あなた様が断固たる覚悟で動けば、家族は折れますよ。
誰も何もしないなら、まず!あなた様が動けば良い。
動きもしないで、誰かが現状を変えてくれる事がありません。


何だかねぇ~・・・生活環境やら置かれた状況やらが違うのに、皆さんばかりで・・・似た様な悩みで心を痛めてるんですよね~。
生活があったりするし、右から左に簡単にはいかないのが解るけど・・・人の思考は単純だし、嫌ならその馬から離れれば良いだけの事。
そこで踏み止まらないといけない時は、そうはないのですよ。

時々、相手に逆襲出来るなら・・・現状維持も良いですけどね~?
たまには、『うるせぇ!』と言ってキレてみるのも手ですよ?
相手は、調子に乗ってますからね

私、だから・・・痛みに耐えるスキルはないけど、気はcmしかないので速効キレちゃうんですけどね?
でも、怒鳴ったりとかはしませんよ?
私が悪くても、気が付くと相手が謝っていますけどね?
暴力も振るいませんよ?

人を転がすのは、簡単な事。
面倒なので、手を抜き過ぎちゃうけど・・・
複雑に考え過ぎちゃうから、カウンターを食らってしまうんですよ。

最近の私は、話しが通じないと・・・『そうか、別の星の人か。』と思ってますね。
話しがくどいなら、この人は頭の中が年寄りだからくどいと思ってますね
そうやって脳内変換をして、自分の気持ちを逃がしても・・・時々腹が立つけど
それは、の我慢にしかならない。

それは、仕方ない我慢だわねぇ~
・・・はっ!
もう16時?
ありゃりゃ・・・ web拍手 by FC2
【 2011/08/24 (Wed) 】 こんな感じ | TB(-) | CM(-)

楽しみは多い方が良いざんしょ?

今日も、湿気が多いなぁ~
あんまり、湿気が多いのは嫌いなんだけどなぁ~。

そ~言えば、昨日北海道方面で地震があったそうですね。
北海道の方?
大丈夫でしたか?
びっくりしたでしょう
もう!あちこちぐらぐら揺れおってからに・・・。

地震が本当に!多いし、豪も多いから、録画しているデータに必ず地震速報や気象速報が入る感じ。
本当に、嫌になりますねぇ~
勘弁して欲しいものです。

今・・・耳鳴りは収まってますね。
この状態が、続いて欲しいものです
耳鳴りが続くとイライラするし、不安になるんですよね~
web拍手 by FC2
【 2011/08/23 (Tue) 】 何でもない事 | TB(-) | CM(-)

善徳女王21話

善徳女王205
善徳女王206 善徳女王207
(↑クリックしたら大きくなります)

『善徳女王21話は、冒頭で少しだけ登場したアルチョン君だったけど、本当に少しで・・・つまらんかったです
もっと、出せよぅ~
人気のある、話しの流れ的には新キャラ・ピダムが出て来たけど・・・私、そいつには全然興味ないし~

ユシンの後を付け、トンマンを捕らえろと上等(大臣相当身分)命令され・・・馬で逃げたユシン達の後を追うけど、見逃してしまう
ユシンの花郎徒(ファランド)の郎徒(ナンド)達が相談に来るわ、感心のユシンの姿は見えないわ、オマケに仲間を欺いて後を付けろと命令されるわ、トンマンを捕らえて来いと言われるわ。
で・・・何が起こっているか、知りたいアルチョン君なのでした。

国のためだと言われ、事情を聞かされないのが不服そうですね。
まっ、普通は手駒にイチイチ詮索されたり、聞かれたりなんかしたら・・・命令系統云々が成り立たないので、本来なら彼の立場では聞いてはいけませんけど・・・ね?

でも、命じられた事に違和感を覚え、彼は戸惑うんですね。
私はユシンの色狂いの方に、戸惑いますけど

林宗
(↑クリックしたら大きくなります)

一緒にいた、他の花郎(ファラン)・イムジョンは・・・『自分達の任務は従う事で、判断する事ではない。』とか言うんですけどね?
それは正しい。

話待ちんさい、アルチョン君。
王女天明姫が何が起こっているか、説明してくれるからさ

・・・と言っても、微妙な情勢故・・・まだトンマンを王女だと公表する事は出来ない状態。
敵であるミシルは、不吉だと言われている双子を産んだ王妃を廃し、その事実を隠した現王をも責任を問うて廃位させ・・・自分の夫をまたつ玉座に近付け、自分は王妃となる・・・と言う目標のために、双子の王女の存在を明かしたい・・・。

王女天明姫サイドは、両親である王様と王妃を守り、妹王女徳曼姫の命も守りたいので・・・時が来るまで、誰にも知られず出来れば事実を隠したい。
・・・と言う切羽詰まる状況だから、そこに割り込むには命を懸ける必要がある。

王女天明姫は、アルチョンがユシンやトンマンと交友があるので、巻き込む事を選択し、命を懸けるのに理由を知らないのはなんだしぃ~・・・と言う事で、アルチョン君に事実を話すんですね。
まっ、王女天明姫の手駒が少ない・・・と言うのも、あるんですけど

アルチョン君は花郎(ファラン)だし、飛天之徒(ピチョンジド)を率いているのだから、いざと言う時は彼の郎徒(ナンド)を動かす事も出来ますからね~
実際に動かすかどうかは、別にして・・・手段としては、選択出来る。
ユシンは、自分の郎徒(ナンド)をあまり使ってませんけどね?
少し使って、失敗してるしぃ

で、実際の事情を聞かされたアルチョン君は・・・『トンマンには命の借りがあり、ユシンには友情があるから、命を懸ける理由はそれだけで十分。』と男前発言をするのですわ

閼川

因みに、主人公の政敵ミシルも・・・実在する人物と言われてます。
まっ、彼女が出て来る文献は・・・インチキと言われているそうなので、史実とは言い難いのですが
その本に登場するミシルは、徳曼姫の父王を含む人の王様をたぶらかし・・・色香で色んな男を従わせ、国の根幹を牛耳っていた毒婦として描かれていますが、『善徳女王はその本と史実をミックスして上手に作り上げられた作品ですね。

今作品のトンマンの父ちゃん王は、ミシルを毛嫌いしていると言うか、ビビってますが・・・出典先では、しっかりミシルの毒牙にかかっているようです
今作品ではミシルはトンマンの父ちゃん王より15歳年上だそうですが、その本を元にすると・・・15歳で王位を継いだ時、ミシルは40

いくら美貌を誇っていたとしても、アラフォーが中坊を誑かしたの?
怖~~いっ!
どっかのジャニーズ誑かした、小泉今●子?
40歳の美貌のおねぇ様の前には・・・成すすべもなかったのかな?
怖~~~~っ!

史実の方では、徳曼姫(トンマン)もその父王も生年は不明となっていますが・・・これ位なんではないか?と言われている年号を基軸とすると、徳曼姫の父王22歳の時に子供を得てる事になる。
それが、後の善徳女王こと徳曼姫ですね

今作ではトンマンの姉・王女天明姫は・・・15歳の時に身篭り、翌年出産していると描かれているので、徳曼姫と生年が同じならちょっとずれてしまいますね
王女天明姫が、徳曼姫の妹なら・・・歳年下って事になって、丁度良いのかな?

その推定基軸にはめると、以前記事にした時(←)よりユシン公とは更に歳が歳離れてしまう事になる
10歳年上になりますね
私なら・・・恋愛は無理だなぁ~・・・
善徳女王の生年は、586年と言うのが有力らしいですからね~。

善徳女王を調べると、アルチョン公はたくさん出て来るんですけど・・・ユシン公は、その次の女王の代で以降で名前をよく見るようになり・・・その次の次の王(天明姫の息子)と更にその次の王(天明姫の孫・ユシンの甥)の代と新羅王家に仕え・・・三国(新羅・百済・高句麗)を統一するんですね。
その頃のユシン公は、70歳代ですか・・・

三国(新羅・百済・高句麗)を統一の足掛かりを作ったのは、王女天明姫の息子とユシンと言われており・・・その人を育てたのが、善徳女王だと言う事ですかね。
史実には今作品のように、ロマンス云々はないけど・・・何だか、嬉しいですね

徳曼姫の父王の治世は54年と、善徳女王倍以上の記録をたたき出しています。
すげぇですねぇ
国を維持するのは難しいし、玉座を維持するのは更に難しい。
これと言った目立つ物はなかった王様だとしても、民には平穏が一番ですもんね。

あ~歴史って面白い
ユシン公が、ドラマと違い結構人でなしだったりするけど~
作られた美し過ぎるドラマにはめると、何だか萎えるけど・・・、歴史は本当に面白い
昔生きていた人も、今を生きている人も・・・変わりがないと言うか、進歩がないと言うか

件の本では、花郎徒(ファランド)は男色集団とも描かれているそうなので、そんな昔からそんな嗜好があったと言う事ですよね?
それに付いては、古今東西・・・騎士やら武士やら戦士やらの集団は、そんな要素がある的な事が事実として確認されていますので、今更驚かないけど~
どの国かは忘れたけど、家畜と寝てはいけません・・・なんて規則もあったんですよ?
相手になった家畜は気の毒だけど、ガチの話しです。

わざわざ、そんな事を規則にしないと、過ちを犯す者がそれなりの数いたって事の証左ですわね
まっ、わざわざ規則にしたって・・・破る奴は破るだろうけど
この国の幕末で有名な、新撰組内でも・・・それが流行ったそうですからね~

あぁ、最近・・・意味が違うけど、羊が可愛くて愛してるから・・・妹にしたいと裁判所に訴え出たお馬鹿さんがいたとネットで見ましたね。
動物を家族同然に愛している人は多いけど、法的にも認める家族になりたがるとは
イチイチ書くまでもありませんが、可愛いから一緒に添い寝する・・・と言うレベルの話しではありません

今日の放送は、アルチョン君出て来るかなぁ~・・・
頼んだ本は、いつ届くんかなぁ~ web拍手 by FC2
【 2011/08/23 (Tue) 】 好きなもの | TB(-) | CM(-)

やる気がないのはいつもの事で

う~ん・・・湿気が多い
何だか、身体がだれる~・・・
日休むと、何だか身体がしんどいですね。
結局、今回もぐだぐだ過してしまったし
DVDを焼いて、ぐだぐだして・・・身体は休まったけど、本当にしんどい。

休みは日ともが降っていたので、気温があまり上がらなくて助かりましたけど・・・今年は、本当に冷ですね。
何だか9月や10月っぽい陽気だったけど・・・まだ8月なんですね。
後、10日ほどの休み。
学生さんは、宿題やりましたか?

私の宿題、中に体重キロ減は・・・後500gまで追い上げました
最終希望目標体重までは、900g。
この豚こまぎれ肉が、中々ねぇ
減ってくれないんですわ。

まっ、ここまで来たなら・・・上等ですけどねぇ~
私の身長から割り出した肥満率は、今-%なので・・・-%にしたい。
で、この辺りをキープしたい。
善徳女王 ガイドブック
頼んじゃったぁ~
えへへっ
面白いと言うので、ついつい。
歴史に絡んでないなら、買わなかったんですけどねぇ
大丈夫!写真集は買わないので
あぁ・・・そろそろ本を整理して、古本屋に売りに行かないとな。

捜索の話しなので、これを見てどうのはないけど・・・裏話しが載っているそうなのでね?
先週の金曜放送分(20話)は、もう色狂いしたユシンがかなり寒かったので・・・水曜のアルチョン君登場まで、我慢して・・・本はいつ来るのかな?
楽しみだな。
頑張れ、アマゾン。
早く送ってちょ

もう1つ見付けた本も、早く来ないと買ってしまいそうなので・・・早く来ないかな
これ以上、出費はしたくないんだな。

・・・う~ん・・・何が書きたいんだか、解りませんね
何だか、気が萎えてます。
内容薄いけど・・・今日は、ここまでにするかな web拍手 by FC2
【 2011/08/22 (Mon) 】 好きなもの | TB(-) | CM(2)

明日は休みだ♪たりらりら~♪

いや~ぁ、最新のパソコンは良いねぇ
何処触ったら良いか、ちっとも解らないけど
何をしても、あれやこれや煩く言ってきてウザいけど

全く・・・使用者のスキルを越してるんだから、仕方ないですけどね?
DVD
やっと、作りたかった物が出来ました
自分で言うのもなんですが・・・我ながら、良い出来です事

DVDの表面をちゃんと綺麗に印刷して、きちんとコレクションしたかったんです。
個人的なコレクション、個人的な満足ですけどねぇ~
『善徳女王を入れるために取り寄せておいた、DVD枚収納出来るケースも・・・やっと綺麗にお化粧出来ました。
満足満足

こんな事をしたかったのですね~、私は
・・・と言うか、今までこそこそやっていたんですね
DVDの表面を、ペンで手書き・・・と言うのは、私の中では絶対有り得ない。
それなら、初めから表面に柄のあるのか、こったのをチョイスしてます。
折角録画したんだから、綺麗に保管したいじゃん?

プリンターを接続設定するのにイライラ手間取ったけど、ネットを使ってデータ更新したため・・・以前よりプリンターのクオリティも上がりました。
クオリティが上がったのは良いけど・・・インクが恐ろしい勢いでがんがん!消費されてます
そりゃもう、驚く程の勢いで
『善徳女王のDVDは、もう最終話分まで印刷したので、良いけど・・・びっくりするなぁ
あの勢いは

私は使いたい時にすぐ使えないのが嫌なので、いつも各色のインクの在庫を最低1つづつ持っているんですけど、使ってしまったので・・・また在庫を足さないと。
在庫がないと、何か落ち着かない


今日は、病院に行く日かぁ~・・・嫌だなぁ

待合で長時間待っているのも嫌だけど、病院独特の雰囲気も嫌ですよね。
まぁ、私が行っているのは・・・大きな総合病院ではなく、町医者ですけど。
先生も看護士さんも優しいし、そ~言う負担は少ないけど。
好きな場所ではない

それでも、子供の頃行ってた皮膚科は・・・好きでしたね。
先生は年配のおじいちゃんで、少し怖かったけど・・・何かをする度褒めてくれる方だった。
注射を頑張った、薬を幹部に塗るのを頑張った。
親は全然褒めてくれなかったので、その皮膚科専門の病院に行くのは好きだった。

を作る工程も好きだったので、その病院に行く事を嫌がった事はありませんでした。
先生の奥さんが、薬剤師&受付もやっていましたねぇ。
私が小学校に上がる前に、結構年配だったのだから・・・お2人とも、もう亡くなっているでしょうけど。

時々、奥さんが頑張ったご褒美と言って指人形をくれたっけ
薬屋のケロちゃんだかの、キャラクターの指人形。
即行で何処かにやってしまったけど、何回か貰いましたね。 web拍手 by FC2
【 2011/08/19 (Fri) 】 何でもない事 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。