狭間図書館

Welcome to my blog

善徳女王59話

善徳女王591
善徳女王593 善徳女王592
(↑クリックで大きくなります)

『善徳女王59話。
ピダム大ピンチ~!
人で積年の恋とやらに舞い上がり、後少しで善徳女王と結婚すると言う所まで、やっとの思いで漕ぎ付けたのに・・・保身のために焦った取り巻きに嵌められ、絶体絶命の大ピ~ンチ!

まっ、それはどうでも良いんですが(←おい)・・・こんな展開は嫌いです
あぁ・・・これが後話、最終回まで続くのね

善徳女王596

ここに来て、はっきり勢力が分かれましたね~
花郎(ファラン)の弼呑(ピルタン)は弼呑父ちゃんと一緒に、ピダム派かぁ。
って事は、連座すんのね?・・・君も
連座での刑罰って・・・大体、斬首なんだよね~。
まっ、君は史実には出て来ないドラマオリジナルだから、本当にそうなった訳ではないけど。

花郎(ファラン)の林宗(イムジョン)と徳充(トクチュン)に朴義(パグィ)の人は違うようだけど・・・残りの元花郎(ファラン)達と、ユシンの前の風月主(花郎(ファラン)の首長)虎才(ホジェ)はピダム派かぁ。
はぁ・・・何だかなぁ。

いつまでも花郎(ファラン)のままではいられないし、配下を食べさせないといけないし、家門も守らないといけない。
綺麗事ばかり言っていては、何も守れないかも知れないが・・・何だか切ないですなぁ

善徳女王595
善徳女王598
(↑クリックで大きくなります)

そして、まだ隠しているみたいですが・・・善徳女王に崩御のフラグが立ってしまいましたね
侍医が頻繁に訪ねて来るので、侍衛府令(近衛隊の長)閼川(アルチョン)君が、何か不信がってますねぇ~
さらりと、かわされちゃったけど・・・はぁ・・・ラストスパートかぁ。
話ですもんね・・・。

善徳女王に崩御フラグが立ってしまったので、つあった善徳女王逸話(←)・・・残ってたつをあげておこう。
この逸話が、一番不思議なんですけどね

善徳女王597
善徳女王59-1 善徳女王5912
(↑クリックで大きくなります)

ある日。
善徳女王は自分の死ぬ日を予言し、死後の自分を『トウ利天』と言う場所に埋めて欲しいと言った。
臣下達は、『トウ利天』がどこにあるのか解らず、何処にあるのかと女王に問い返した。
女王は、『狼山の南側にある。』と答えたそうだ。
しかし、女王が何故その場所を『トウ利天』と呼んだのかは、誰にも解らないままだった。

そして・・・善徳女王は自分が予言した日に実際崩御し・・・臣下は遺言通りに狼山の南側に女王の遺体を埋葬した。
その後・・・数十年が経過し・・・文武王善徳女王の陵の下に、四天王を奉る大きな寺を建立する。
その時人々は、『四天王の上に『トウ利天』がある』・・・と言う仏教の題目を思い出し、善徳女王が何故その場所を『トウ利天』と呼んだのかを理解した。

自分の死後数十年が経過して、その四天王を奉る寺院が建立されるのが見えたのか・・・何とも不思議な話しでしょ?
因みに・・・私は解り易くするために善徳女王と表記していますが・・・『善徳』は死後に付けられた諡・送り名なので・・・生きていた彼女が善徳女王と呼ばれていた訳ではありません。
生きていた時は、『女王様』『陛下』ですわね。
字(あざな)の徳曼(トンマン)は不敬になってしまうので、もう親位しか呼べませんね。
状況によっては、呼び捨て=反逆の意志があると取られたりもしました。

文武王は、善徳女王の甥・春秋の息子です。
母親は、以前記事にした(←ユシン公の下の妹ですので、ユシン公から見たら甥にあたる王ですね。
『文武』は勿論諡・送り名ですので・・・即位していた時は、『王様』とか『陛下』でしょうね。

善徳女王5910
善徳女王5911 
(↑クリックで大きくなります)

ユシン父ちゃんが出て来ている都合なのか、白髪雑じりのユシン母ちゃんはまだ出て来てますが・・・相変らず、別嬪の母ちゃんだなぁ~。

初めて見たユシン両親と、養子月夜(ウォルヤ)のショット。
ユシン父ちゃんの養子になったんだから・・・
『おっ!ショットじゃん!『義父上。』『義母上。』どっちか言う?言う?
かと思って期待したら、面白くもなく・・・ユシン父ちゃんを『兵部令(軍部の長)。』と呼んだ月夜
つまんね!

『そなたは私達の義息子になったのに・・・まだ『義父上。』『義母上。』と呼んでくれぬのか?』
・・・とか、言って欲しかったなぁ~
ユシン父ちゃんでも良いし、母ちゃんでも良いけど。
んで、すぐうるうるになるユシンと違って滅多にうるうるしない月夜が、うるうるしながら『・・・はい。義父上。義母上。』とかって言うの。
良くな~い?
そしたら、テレビのこっちで私が『良かったねぇ。ってうるうるしてあげるのに

だってねぇ~・・・長く元大伽耶の民にずっと期待されてて、苦労したと思うんですよね。
ユシンも期待されてて大変だったけど、一応そこそこ父親や母親の威光もあったので・・・月夜に比べたら、動ける方だったと思うんですよね。
月夜の方は、そ~言う後ろ盾がなかったのだから・・・苦労はユシンの比ではなかっただろうに。

まっ、彼は史実には存在しないキャラだし~・・・ユシン父ちゃんの養子にもならなかったかもだけど。
ドラマ的にはいるのだから、最後は幸せになったのね・・・で終わって欲しいじゃん?
彼が持っていなかった家族が成り行きとは言え出来、なんやかんや言いながら・・・元伽耶の民達もなんとかなったし・・・後は、彼の寿命が尽きるまで家族に囲まれて幸せでも良いですよね
About this site
適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
About me
大半が【見えないもの】のお話しです。ご承知の方のみ、覗いて下さいませ。