狭間図書館

適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知らざぁ~言って聞かせやしょう

昨日の日曜は、宣言通りの祭りでした
もう!絶品!レビューの評価が高かったけど、評価通り期待以上のでした。
それは、楽天市場の中の『かに仁』ってお店です。

蟹 (←クリックすると該当サイトに飛びます)

これはねぇ、大満足でした。
普段味に煩~~~く、滅多に合格点を出さない母が珍しく合格点を出してましたからね。
私がスーパーで買っている商品とは比べ物にならない位、良い商品でした
わけあり商品だから、足が折れていたり等はありましたが・・・は身がぎっしりで、本当に美味しかった
まだ、肩部分の肉・・・つあるんですけどね?

いつも、食べにくい身が取りにくいと思って食べていた肩部分。
に晒し、生の状態でほじくって身を出し・・・身は具として使えば勿体無い事にならない、と知りましたので除けておきました。
今週の週末に、炒飯にして食べようと思います。
身を取り出した後の殻は、出汁を取り出すのに使用して、最後の最後まで味わい尽くす

今冷蔵庫がぱんぱんなので無理だけど、来年になったらまた食べたいな
30分で終わってしまったけど、とても良い祭りでした。
ごっつぁあんです。


土曜日・・・サンタブーツとクリスマスのお菓子をようやく買いました
『お前は、人様に教えるのは良いけど・・・自分の家は?』
・・・と言われてですね
誰か

土曜日別件でスーパーに行った時、コーナーを見てその言葉が頭を過ぎったけど・・・
『まだ早いから、来週で良いかぁ。
・・・と思って、素通りしようとしたら・・・
『そんな事言って・・・去年も人様の事にかまけてて、結局買いそびれてありふれたお菓子を買ったのに・・・。』
・・・とネチネチ留めをさされたので

ちゃんと、用を済ませた後に寄りましたよ!
お菓子を買いに

X’masのお菓子

ちゃんと、買う気でしたよ
クリスマステイストの商品にこだわるつもりは別にないので、サンタブーツはここ何年も買ってませんけどね。
だから、買いそびれた訳じゃないんだけど・・・

うちの水子は、姉弟&姪の私におねだりはしません。
されても、気配が近くて解らないし~。
なので、何かを買う時は母任せか・・・私の気分次第です

留めは、『買えない訳じゃないのに・・・。』
私の良心を攻撃するなぁ!
私を『お前』と言ってる辺り、身内の・・・それもの繋がりがしっかりある仏だな

でも、気配解らないんですよ。
私はの繋がりがある仏は、存在を認識し辛い。
だから、確実に身内だと思うんです

いつも、要所要所でぽつりと注意されるんですけど、ここまで具体的にネチネチ言われたのは初めてです
女性の声だった・・・
叔母さん?祖母ちゃん?う~~~ん・・・
誰だろ。
うちって身内多いから、解らないよ

で、家に帰り・・・お菓子を母に渡しました。
いつもはただ渡すだけなのですが、わざわざ水子のお菓子と言って渡しました。
そうしたら、きょとんとし・・・『どうして?』と言うんですね。
うちの水子も大きくなったし、ずっと家に居ないから・・・いつもは水子をターゲットと言うより、大人も水子もと言う幅広く受け入れられそうなのをチョイスしてたんですね。

なので説明したんですね、他所の水子ちゃんの世話を焼いて、自分の家の水子の分を用意してないと・・・誰かに言われた・・・と。
『そうか。』
と言いニヤリと笑った母。
・・・ひょっとして、言ったの誰か知ってる?
敢えて、聞きませんでしたけど

本当に、聞こえるってのは良い事ばかりではない


休み中に、友人に質問された事があったので、それに付いて記述しておきましょう。
質問は、神社等には相性みたいなのがあって・・・行ってはいけないとかはあるか?でした。
この時期ですので、新年に行く初詣と言う括りですね。
結論としては、『基本、そんなのは無ぇよ。』です。
但し、注意するべき点はいくつかありますね。

この国には、八百万の神様がいます。
なので、神社・仏閣の梯子は・・・止めましょうね?
仲が悪い神様同士だと、拗ねてご利益はありません。

あなた様だって、自分が嫌いな人(自分と同じ能力がある)と仲良くしている人がやって来て、あなた様に何かをしてくれと言ったら・・・『仲良くしている人に頼んだら~?』と言いたくなりますよね?
それと同じ事、なのです。

それに、少しでも身体が弱っているなら・・・行ってはいけません
や明け方はとても冷えるので、そ~言う意味もありますが・・・。
神様が居る場所は、聖域です。
その場所は清められているので、邪気は近寄って来れない。

しかし、人に付いている物が災う事があるので、聖域の外でたむろって居る物を帰りにお持ち帰りしてしまう事は多いのです。
身体が弱っていたら、尚の事。
なので、体力に問題がある場合は、行ってはいけない

後、行く先の事を少し調べましょうね?
例えば、七福神のたった人の女神・弁財天はとても嫉妬深い神様です。
なので、彼女を祀った場所へはカップルで行かない方が良い。
嫉妬に囚われた彼女に、別れさせられますからね?

行く先の神様が、男神なのか女神なのか・・・。
何に神様なのか・・・それ位、調べて行きましょう。


そうやって、友人とメールやり取りをしていて・・・気になる一文があったので、逆に質問を返してみました。
その一文は、とある霊能力者に彼女の友人が赤い鳥居をくぐってはいけない・・・と言われたそうで、故に相性みたいなのがあるのかな?と私に質問してきたと言う。
『何の意味で?』と私は問い返したんですけど、それに付いてはあまり覚えていないとかで答えは得られませんでした。

鳥居・・・以前、記述しましたっけ?
例の如く、覚えがないけど
まぁ、良いや。

鳥居は、神様の領域と私達の領域の境界線・結界を表しています。
扉はないけど、見たまんまのなのですね。
神社の入り口に、大きな鳥居があったりしますよね?
あそこから、神様のご在所に足を踏み入れる事になるのです。

そこ辺にあるような小さな神社では解りにくいけど、大きな神宮とかだと・・・聖域の力が強いから、敷地に足を踏み入れると普通の方でも身が引き締まるような感覚を味わう事が出きるでしょう?
周りに植えられている木々のお蔭で、空気まで清浄で。

日本書記にも登場し、今日に至る唯一の神宮は『伊勢神宮』のみです。
他にも神宮は存在しますけど、一番歴史と由緒が正しいのが伊勢神宮ですね。
伊勢神宮は、凄いですよ~。
まだ当時、仏さんの事とかは何も解らない子供でしたけど・・・敷地に足を踏み入れた時に感じた変な感じは、今でもはっきり覚えています。
あぁ、あれが結界の感覚だったんだな・・・と今なら解りますけどね?

歩足を進めるごとに、何かが身体から剥がされていくような感覚。
なんだか、早く先に進みたいと思ううきうきした感覚。
母の知人Yさんが・・・
『神様に呼ばれると、身体が軽くなってほいほい歩いて行ける。
お山でも、どんどん登って行ける。』

と言っていたけど、あれがその感覚かぁ~と今なら解る

赤い鳥居・・・正しくは、朱色の鳥居は寄進等で建てられる事が多いですね。
さっき鳥居の話しを隣りの人にしたら、月のお客様が来ている時は鳥居をくぐってはいけないと言われたので、脇を通ったという。
のお客様は穢れですので、それ故そんな穢れある身で神様の領域に足を踏み入るのは、神様に対して無礼だと言う事なのでしょうが・・・今の人は、そんな事知らないし気にしないだろうな。

でも、それは神様に対する礼儀にかなっているので、覚えておきましょうね
同じ意味で、怪我をしているのも穢れになりますから、あきませんよ?
結局、がイコール穢れと言う事です。

朱色の鳥居朱色は、生命そのもの・・・命の躍動を表し、災いを防ぐと言われています。
確かに、心臓を取り出せば・・・どくどく躍動する心臓は、そんな色ですわね

もっと濃い色の様な気もするけど、昔は赤色っぽい色と言えば朱色が多かったでしょうね。
お隣りの大国では、朱色は高貴な色でした。
私達の身近な朱色は、朱肉ですね。
はんこを使う時に、良く見ますね?

朱色の鳥居は、あちこちにありますけど・・・時には、聖域の恩恵から外れてしまっている鳥居があります。
そ~言う鳥居は、見ているだけで気分が悪いし・・・何故か近寄りたくない。
大概ね、境界線があいまいになっていて、聖域ではなくなっている事が多いのですよ。

神様が管轄している領域の堺は、言葉を変えたら霊道とさも似たりです。
なので、力が及ばない結界は歪み・・・要らぬ物が出入りする門となってしまうのでしょうね。
元から、そ~言う事になり易そうな状況なのだから、それが悪い物に転化するのだって普通にある事です。
小さな神社とかだと、それは結構ある事かな。
大概そ~言う場合、その神社にご神体はいらっしゃいませんしね。
神社・仏閣と言うのは、神様の仮のご在所。

この国隅々に、同じような神社・仏閣があるのだから・・・神様が常駐している訳にはいかないのですよ。
そ~すると、神様が残した残り香?みたいな力で聖域を維持する訳でしょ?
神様だって、力の差がありますから・・・いつまでも残り香を残せる神様と、残せない神様がいると言う事です。

トイレの神様やかまどの神様と、伊勢神宮の神様・・・力が同じだと思いますか?
残せない神様の場合、その敷地が荒れるのは仕方ない事なんですね。
そ~言う鳥居は、聖域との境界線と言うより・・・霊道の門って感じになっているので、出来れば近寄ってはいけない

我が家の近所に、小さな神社があります。
年に何回かのお祭りの時は、神様いる?って感じの気配はありますが・・・普段はほぼ100%誰も居ません。
神様が居る?ってのも、いつもより聖域が清められている?・・・とか、誰かの気配がする?・・・って感じで、神様を直視する訳ではないのですけどね?
誰かの気配がしても、どうもあれってば下っ端の神様とか、お使い?の神様とかって感じの雰囲気で、圧倒的な存在感はありませんね。

学区は違うけど、私のテリトリー内の身近な神社なので、子供の頃から馴染みのある場所ではあるんですけど。
『あれ?・・・何か今日は違うな。』
『・・・うん?誰か居る?』

てのは、うすうす感じたものでした。

その神社は、切り開かれた山の天辺にあるんですが・・・その形状をそのまま活かしている風なので、崖みたいになった社の裏手は・・・一応手入れもされているが、ほぼ荒れた状態です。
だから、聖域といっても・・・自然を利用したアスレッチックな体なので、子供が走り回ってしまい、更に荒廃に拍車をかけている

数百円程度だけど、毎年奉納金を集める封筒が回って来て・・・あまり考える事もなく普通にどこの家も奉納金を出すので、それで辛うじて体裁を維持している。
奉納舞台もあったりするが、住民・・・特に子供の格好の休憩所になっていて、建物はどんどん傷んでいるのが現状です。
そんな風だから、社裏に祀られた何かは本当に何か全然解らないし、時々怪しい雰囲気になったりするので・・・子供ながらに、近付く事なく距離をあけていたものでした。

神様の領域であっても、私達には危険な場合もある。
神様多忙なので、イチイチ守ってくれません。
ですから、自分で注意する必要がある。
治外法権の場所に足を踏み入れるのだから、細心の注意が必要になるのです。

身体が弱っていたら、約束をしてても行ってはいけない
嫌な感じがしたら、近寄ってはいけない
騒ぐ場所ではないので、神妙にするのは・・・神様への礼儀です。
正月だからとはしゃぐのは、家でして下さいね?

そして・・・初詣に行かれる方は、身体を冷やさないように暖かくして出かけましょう。 web拍手 by FC2
【 2011/12/19 (Mon) 】 こんな感じ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。