狭間図書館

ARTICLE PAGE

だちかんぞ!

しばれますねぇ
今朝は、ぐっ!と冷え込んだのですけど・・・お湯を持って出勤しなくても良かった。
空気中の湿気が少なかったのか・・・久々霜がない朝でした。
この地域の最低気温は氷点下マイナス℃越え・・・最高気温も℃だとか。
がどかどか降る地域に比べたら、それでも暖かいのでしょうけど・・・寒いっすね

風邪をひかれている方は、ご自愛下さいませね?
そして、早く風邪を直して下さい。


今日は・・・何の話しをしましょうかねぇ。
バックヤードで少し発生した事があるので・・・以前記事に触れましたが、家についてのお話しでもしましょうかね。

これから下は、過去記事からの転載です。
玄関には玄関の、トイレにはトイレの・・・台所には台所の格があって、別の場所に役割を担わせてはいけません。
特に玄関は別格です。
Eさん宅では、勝手口を重宝しだした辺りから出費が倍に増えたのでは?と思えたので、それを問うとYesと返ってきます
旦那さんが家業とは違う仕事に失敗した時期にも重なり、無関係とは言えませんでした。
ですが・・・Eさん宅には、別の問題があります。

Eさんの家族が便利を優先し、Eさん宅は玄関がつある形。
丁度、建物の端と端にソレがあったので、背中合わせなその状況は前家長であるお父様と現家長であるEさんの旦那さんの確執も窺え、前家長の奥様であるお母様の肯定でその確執の存在は確認出来ました。
押え付ける事しかしなかった昔気質のお父様と、その父を疎ましく思う反面その手の平から抜け出せない・抜け出す気力もないEさんの旦那さん。

根本の問題は、ココにあるのです。
それでも、それは個人個人の問題であって、家云々とは直接的に関係ありません。
玄関の事は、後押しにしかならないのです。

最近は二世帯住宅等ありますし、その様に初めから作られたのなら問題はありませんが、ある物を変じた使い方・・・これは問題です。
立派な玄関ではあるが埃っぽい・・・まだ元気ではあるが息子に家業を譲ったお父様。
玄関程の格はないが利用するには家人ではない他人様であっても気安く、出入りする人が他人様と家人の区別のない勝手口・・・公私の区別を付けていないEさんの旦那さん。
それぞれが、見事にそれぞれの場所を体現した様な格好です。

『玄関には玄関としてのがありますので、今の様な使い方をしてはいけません。』
そう告げた私にEさんのお義母様が、勝手口を工事して玄関仕様にし、玄関は壁にしてしまえば良いのか?と問いました。
私の答えはNoです。
建物全てを壊し、立て替えるなら問題はないが・・・一部だけを壊し、塞ぐ事は逆に良くありません

以前壁だった処を作り変え、窓にする・・・はよくありますね?
それとは逆で、壁にあった窓を塞ぎ、壁に作り変える。
こちらはよろしくない
あった物を塞いでしまっても、残念ながらそこに穴は存在するのです。

壁にはそのまま、同じ位置に穴が開いています。
見た目は塞がっても、別角度から見るとソレは存在し、悪い事にそのまま霊道(仏さんの通り道のようなもの)に変じる事があります。
こうなると、障りの排除は困難になります

仏さんは、身体を持たないので壁を抜ける事は出来ます。
ですが、何故かきちんとしている仏さん程、玄関等からきちんと出入りします。
少し悪い仏さんですら、行儀は悪いが窓から出入りする・・・壁からにゅ~っとなんてのは、良くない仏さんしかしません。
そんな暗黙のルールみたいなものに基づいて行動しているので、壁に穿たれた穴は彼らにとって窓と同じなのかも知れませんね。

このブログに度々登場するYさん宅も、似た障りがありました。
本来あった窓を埋め、天窓を元来あった窓の上に付けたのですが・・・これには母が大層怒ったものです。
Yさん自体は反対しましたが、同居していたYさんの長男の嫁が勝手に強行し、その後触りが出て・・・収めるのにYさんは難儀をしていました

Eさん宅の対処方として、まず勝手口と玄関をきちんと使う。
屋敷祓いをした事がないので、きちんと屋敷祓いをする。
玄関を、常に綺麗にしておく。
神棚を綺麗にし、その部屋は明るくしておく。
最低限このつを実行してくれと言い置き、Eさん宅を後にしました。

後日・・・屋敷祓いを実行して下さったと知らせを受けましたが、その後に続く言葉に私は呆れてしまいました
『屋敷祓いをしたのに、何も変わらない。』
回屋敷祓いをした位で劇的変化をするなら、誰も苦労はありません。
そもそも、屋敷祓いは掃除と同じです。

悪い物を掃き出し、その場所を清める・・・。その行為に何を期待していたんだろう?と思いましたが、Eさんは旦那さんが変わると思ったようだとAさんが言いました。
個人の性格の不味さとそれは、無関係でしょ?
個人の性格は、個人個人がしっかり変えて下さい

その考えが誤りであり、いくら障りがあろうと無かろうと・・・自身のと言うものが存在するのです。
個人の性格の悪さ迄、そのせいだと言うつもりですか?驚く手前勝手な論法ですね
でも・・・こ~言う考えの方は結構いるのです。

障りがあるのは、仏が憑いたから・・・。
悪い事は、何かの祟りである。
悪い事が起こったのは、自分のせいではない。
自分以外の理由を探すのは熱心なのに、己を省みる事はしない
転んだのがデコボコした道故にだったとしても、転んだ自分にも理由はあるのです。
注意を怠ったと言う理由が・・・


ある物ですら、こんな風に障るんですね。
家具の移動、トイレ等の改築、階の建て増し、新しく家を建てる。
これらは、全てタイミングが存在します。
タイミングを計り、なるべく障らない状態で物事を行いましょう。

家具の移動程度なら、自分で六曜を見れば良い。
六曜ってのは・・・これも以前記事にありますので、転載しておこうかな。
これは私解釈、私認識の六曜なので・・・お気に召さない場合は、自分で新たに調べるなりスルーして下さいませ。

六曜(正式にはりくよう・ろくようでも可)は字が示す通り、大安・仏滅・友引・先負・先勝・赤口の種類があります。
大安(だいあん)
・・・大いに安しの意。全てにおいて吉。
特に、婚礼には良い日とされている。

仏滅(ぶつめつ)
・・・仏も滅する最悪の日の意。
万事に凶の日。結婚式や法事等も避けられます。
葬式はOK。

友引(ともびき)
・・・凶事が友に及ぶの意。
この日にはお葬式は慎むべきと言われていますので、避ける事が多い。
朝晩は吉で、正午は凶。

先負(さきまけ・せんまけ)
・・・先んずれば負けるの意。先勝の反対。
午前中は凶、午後は吉。
全て控えめにして、勝負事や急用は避ける方が良い。
お見合いも避けた方が無難。

先勝(さきがち・せんかち)
・・・先んずれば勝つの意。先負の反対。
急げば幸運が舞い込んで来ると言う事で、午前中は吉、午後は凶。
また、訴訟に良い日。

赤口(せっこう・しゃっく)
・・・羅刹神という鬼を表す言葉。
この日も凶とされ、特に祝い事は大凶。
但し、正午だけは吉。
赤の文字が火や血を連想させるので、の元に注意する日。
大工さんとか料理人さん等刃物を使われる方は、特に怪我注意の日。

大まかな出来事で不幸方面(葬儀等)は、普通の方でも暦に従う事が多いですね。
結構理に適っているし、参考にもし役立てています・・・が、それでも実行には無理な場合もあるので、振り回されてはいけません

大きな家具等を動かすなら、なるべく良い日柄を選びたいですが・・・現実は自分の都合で動いてくれないので、その場合はせめて『陽が出ている明るい時間帯に行動するようにして下さい。
陽が落ちてからとか、暗くなってとかだけはありえません。
どうしても、陽が落ちた後の時間になってしまうなら・・・やはり、大安を選ぶのがベターでしょう。

夜中になって、ゴソゴソやり始める癖のある方?
部屋の模様替えや掃除は、止めておきましょうね?
最近は、泥棒だってそんな時間に活動しませんよ?
そんな時間に活動するのは、あなたと仏さん位です。(←模様替えや掃除はしませんが・・・これは、私が母によく言われる台詞



六曜に従っているからと言って、頻繁に家具を動かすのはNGですからね?
家具の移動位なら、簡単なんですよね。
問題は、それ以外。
特に、対象物が大きくなればなる程・・・受けるダメージも大きいって思って下さいね。

私も、そこまで大きい対象物は・・・さすがに頻繁ではありませんが、家を建てるにあたって相談を受ける事があります。
やっぱりねぇ、失敗したらいけないから、判断が難しい・・・かと言うと、実はそうでもありません
私にとっては、家具の移動と大差ないんですけど・・・これに付いては、能力を使ってんでしょうね。
自分もよく解らないけど、きっと

これは思いっきり個人差があるので・・・夢判断や名前判断の様に、個々で判断して貰うようには残念ながら出来ないんですけどね?
例えば、男性40歳だと家を建ててもOK41歳だとNGとか。
そんな風には、言えない。
あぁ、年・・・特に男性年に払いとして出費すると良いとかって、建て増しやら家を建てる・墓を買うって言う方もいますね。

地域の風習ってのも、あるでしょうけど・・・自分の利益として残るのは、払いとは言えませんね
この地域では、饅頭を作って配るって事もやります。
それは、100%散財ですから・・・を分けて貰って貰う・・・って意味で、払いになるのかな?
まっ、どちらにしろ気持ちの問題だけど

年に悪い事がある・・・と言いますが、これはある意味間違いです
人間は生きていたら、節目節目に何かしらあるものです。
体調を崩したとか、身内に不幸があったとか・・・色々ありますが、それが出やすいから注意しなさい・・・と言う言葉を総括して、と言っているだけなのです。

男性年は・・・24・41。
23・24・25  40・41・42
女性年は・・・18・32・36。
17・18・19  31・32・33  35・36・37
以降のは、男女同。60。
59・60・61

該当年の前年を前触れがある前・・・後の年をが薄らぐ後と言います。
ここでの表記は、通りが良い満年齢にしていますが・・・正式には、数え年で数えます。

タイミングを誤ると、続くんですよねぇ~。
ブルーになるような事が
ブルーになっているから、いつも以上にブルーな事に気付いたりして、何だか悪い事続き?って気になってしまう。
実際には、たまたまだったりしても・・・ひょっとして?と疑ってしまう。

では・・・どうしたら良いか?
聞きに行きなさいよ。
そ~言う人の処に。
聞いたなら、なるべく実行しなさいよ。

それをするだけなのに・・・いつも私の処に持ち込まれるのは・・・
『聞きに行ったんだけど、結局それを参考にせずに良いと思ってやってしまった。
最近悪い事が続くんだけど・・・。』

聞きに行って、結局自分で自分の判断を強行したなら・・・それを受け入れるしかないよね?
後で困るんだったら、先に聞いた事をやったらどう?
聞いた事をやらないんだったら、時間もお金も無駄だから・・・初めから、聞くの止めたら?

大概、初めに聞いた対象者は私ではなく・・・自体が悪化してから、持ち込まれる事が多い
良いけど・・・私、基本ドSだから・・・あたりはソフトだけど、ピリッと辛いわさびアイスだから・・・甘くないよ?
基本、自分で解決出来るようになって貰うから、お金はあまり掛からないけど時間は掛かるし。

自体が悪化してから持ち込まれたら、収拾させるのに更に時間も掛かるじゃん?
私、救急救命士ではないので・・・時々、空しくなります

やれる事は自分でやって、やれない事は人に聞く。
聞いた事は実行出来ない場合もあるだろうけど、大きな出来事が絡むなら・・・従っておいて問題はないでしょう。
従いたくないなら、初めから自分の好きなように勝手にすれば良い