狭間図書館

適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

切ない現実に立ち向かう?

あぁ・・・もう中旬・・・なんですねぇ
まったりもったりしてたら・・・もうも半分以上クリア。
今月末には、GWに突入!でっせ?

皆様は、GWの予定はたてられましたか?
私はですねぇ・・・全部休むと色々突貫でやらなきゃなのがしんどいのと、日の日に親を病院に連れて行くので午前中が潰れてしまいますから・・・日は、多分出て来ると思います。
多分・・・
休日出勤も残業もしない主義なので、休めるなら・・・休むかな?

今GWは、普通に出て来るか・・・日間は出て来ていたので・・・それが、日のみになるだけで、十分嬉しい
と言っても、家にいる方が疲れるので・・・身体的には、会社に出て来てた方が良いんですけど
会社がねぇ、自宅から遠くなきゃねぇ・・・良いんですけど。
片道時間ですからね?
まぁ、近かったとしても・・・ちょいちょい寄るってタイプではないですが


先週、とんでもない・・・交通事故が京都で発生しましたね。
交通事故・・・今回のこれは、事件だと思いますが・・・貴い命がたくさん失われました
昨日、被害者の方々の通夜・告別式が営まれたとか。
そうすると、今日告別式って方もいますね。
昨日は、仏滅ですけど・・・もう昨日の段階で、数日経過しているので良いとか悪いとか言ってられません

死ぬとか、当然そんなつもりもないし・・・まさか自分が何かに巻き込まれてなんて、そうなるとは思わなかったでしょうから、本当に被害者の方々は気の毒でしょうがない。
いきなり大切な方を失ったご遺族も、さぞかし心痛な事でしょう。
心より、ご冥福をお祈りしたします

先週の事故の日・・・場所は違ったんですけど、丁度友達が京都旅行に出掛けていたそうです。
のシーズンですので、めいた陽気に誘われて・・・古都の美しい街並みとを堪能していた人々が、最悪な事態に巻き込まれるなんて・・・誰も思わなかったでしょう。

亡くなった人の方や怪我をされた方々の中にも、観光で該当地を訪れていた方もいるでしょう。
そんな中に、外国から観光にみえた方もいたとか。
ひょっとしたら、友達も事故に巻き込まれていたかも知れない・・・と思うと、背筋が寒くなりました

幸いな事に、友達はそんな事故の話しすら知らず、楽しい気分のまま戻ってきましたが・・・とても他人事ではありません。
自分や友人知人が被害者になったかも知れないし、私も車の運転をするので加害者になったかも知れない
私は、今回の加害者の彼の様に・・・あそこまで危険な暴走運転なんて大それた事は出来ませんが、正直動転して絶対しないとは言い切れません。

もう、加害者も亡くなっているので・・・彼がどうしてそんな事をしたのかは、最早誰にも解りませんが・・・昨日からニュースで繰り返し流されている映像を見る限り、病云々は関係なさそうですね
あんな狭い場所を、猛スピードですり抜けて行くなんて・・・幾つかの車と軽く接触し、ぶつけてはいるけど・・・かなりの幸運ですよね?
電柱に衝突する数メートル前・・・タクシーのドライブレコーダーに、なぎ倒される通行人が映らなかっただけでも良かった気がします
公開されている映像だけでも、十分心臓に悪いですからね?

きっと、自分の病の事があるので・・・気が動転して逃げてしまったのだろうけど、最初の追突段階で腹を括れば・・・無関係な命をつも奪う事も、自分の命を失う事もなかったろうに
亡くなった方や怪我を負った方に、痛みを与え・・・その関係者にも、心の痛みを与え・・・。
事故を目撃した方や、後でニュースで知った方々の心にも不安を与え・・・何にしろ、自分の家族に一番の痛みを与えてしまった

とっさにそうしてしまった?故に、本来済んでいた事以上の状況を生み出し・・・おそらく当人は、死ぬ気は全くなかったでしょうけど、この後生きていたら負うべき事から逃れる事が出来、返って本人は良かったのかも知れない
あれしきの事で逃げ、無辜の人を大勢巻き込んでいる人間が・・・その責め苦に耐えられる訳がない。
つでも重い重い枷を、20近くも背負うなんて事が・・・出来る訳がない。

被害者側からしたら、自分が苦しいからと命でも絶たれたら・・・最低最悪ですもんね?
怒りの持って行き様がないから

今後、諸々含め・・・遺された加害者遺族にとって、とても苦しい日々が始まります
他人事ではない・・・明日の我が身かも知れません。
亡くした息子を・・・弟を・・・失ったと嘆く日々より、突き付けられる冷たい悲しい現実は、鋭利な刃物のように加害者遺族を傷付ける事でしょう。
失った命を、購う事にはならないのだから・・・命を絶つなんて事だけは、ならない事を切望します。

とっさの行動が、何と多くの物を奪って行った事か・・・
自分への教訓として、これは活かさないといけない。
逃げたって、何も解決しないのだから。
逃げたって、更に苦しい事になるのだから。
違う意味で、『戦略的撤退』は戦術だけど・・・今回のこれは、単なる逃亡ですからね?

取り敢えず、悲しい人を生み出さないためにも・・・せいぜい気をつけるとしましょう。
歩いていても、車に乗っていても・・・ね? web拍手 by FC2
【 2012/04/17 (Tue) 】 何でもない事 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。