狭間図書館

Welcome to my blog

人の忠告はありがたい

先週の土曜は、寒いじゃった・・・
『週末の朝は、例年と比べよく冷え込むでしょう。
温かくしてお休み下さい。』

・・・とテレビの中でお姉さんが言ってたので、どうしようか?と迷ってみる。

今の私なら・・・蒲団のままでは、週末は布団の国の住人(寝込む)になる気がする
まっ、週末に布団の国の住人になるのは、いつもの事なのだが・・・
長袖の寝間着を着ても、何だか冷えるので・・・渋々、寝床のヴァージョンの変更を試みてみる。
あぁ・・・なんて面倒なんだ

・・・これが・・・こう・・・って、どうして布団が一ひねり?
(冬掛け布団の、カバーかけをしている)
・・・もう・・・こう・・・こう・・はぁ・・・やっと出来た
次は、布団の下に敷いていたシーツを折り畳んで仕舞って・・・はぁ・・・重い・・・

・・・と悪戦苦闘の20
取り敢えず、MAXヴァージョンではないが・・・寝床は少し温かくなった。
でも、いざ変えてみると・・・何だか、一気に重々しい
逆に暑くて寝られなかったら、どうしよう?

・・・と心配も無駄に終わり、気付いたら朝だった
それも、思ったよりさっみーーーぃ
隙間が寒くて、少しぶるっ!としたよ
渋々だったけど、寝床を変えておいて良かったぁ
そうでなかったら、私は確実に喉イガイガ攻撃を受けていた事でしょう

ありがとう、天気予報のお姉さん。
どこのテレビ局だか、誰だったかも忘れたけど
布団の隙間が思いの他寒かったから、マイクロファイバー毛布を枚足すよ。


そうして・・・天気予報のお姉さんに救われた週末。
ネット海を彷徨っていたら、面白いものを見付けた。

の日記
捕われの身となって972日目。
を捕えた者は、変なぶらぶらしたもので私をからかい続けている。
と他の受刑者には堅くて乾燥したナゲットを与えながら、ヤツらはふんだんに新鮮な肉を食う。
この配給された食事に対して明らかに軽蔑をしているが、そう言ったところで、自分の力を失わないためにとりあえず食べなければいけない。

いつか逃亡するという夢だけが、自分を何とか頑張らせている。
やつらにうんざりさせようと試みて、じゅうたんに吐いておいた。
今日は、ネズミの斬首だ。
さらに頭のないネズミの死骸を、ヤツらの足下に置いた。
ところがヤツらは単に偉そうに、私のことをかわいくて良いハンターであるとコメントした。
なんて悪意のあるヤツらなんだ。

捕われの身となって973日目。
今日は、ヤツらの共犯者たちの集まりのようなものがあった。
はそのイベントの間、独房に入れられたが、音は聞こえ、食事のにおいもした。
聞こえた話によると、私の独房室入りは『アレルギー』というパワーのせいだと言う。
それが何を意味するのか、そして自分に有利に運ぶために、どう立振る舞うかを学ばなければいけない。

捕われの身となって974日目。
今日は、人の作業員がやってきた。
の独房室のインテリアを強化したあと、休憩中の人の上に座り、爪を服にやさしく引っかけてみた。
の計画は彼らが退出する時までつきまとい、彼らの出発に紛れて逃亡を図るというものである。

もう人の作業員が先に出て、『たばこ』と呼ばれる変なにおいをさせて帰ってきた。
しまった!
間違った方を選んでしまった。

一週間後、再び彼らは戻ってくると小耳にはさんだ。
そのときに、また脱出を試みることにしよう。

捕われの身となって975日目。
今日は私を苦しめる人間の足下をくねくねと行き来して、もうちょっとで暗殺に成功するところだった。
明日も、これをしなければいけない。
しかも階段の一番上でだ。
ちなみに他の捕虜の名前は、フランキーとスニッチだと確信する。

は、特別扱いを受けている。
定期的に放され、そして喜んで戻ってくるようだ。
間違いなく、バカなのであろう。

は、密告者に違いない。
しょっちゅう、ヤツらと会話しているからだ。
きっと私の動きを逐一報告しているのであろう。

を捕えている者は、鳥のために高い位置の保護された独房を与えている。
そうだ、鳥は安全なのだ。
とりあえず、今のところは・・・・・・。

の日記
 8:00 ドッグフード! うれしい時間!
 9:30 車でドライブ! うれしい時間!
 9:40 公園でお散歩! うれしい時間!
10:30 体を触られてかわいがられる! うれしい時間!
12:00 おやつの骨! うれしい時間!
13:00 庭で遊ぶ! うれしい時間!
15:00 しっぽをふる! うれしい時間!
17:00 晩ごはん! うれしい時間!
19:00 ボール遊び! うれしい時間!
20:00 わんっ!人とテレビを見た! うれしい時間!
22:00 ベッドで寝る! うれしい時間!


この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし。
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし。
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる。
この家の人たちは、神に違いない!


この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし。
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし。
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる。
自分、神に違いない!

誰が考えたんだか・・・秀逸ですね
About this site
適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
About me
大半が【見えないもの】のお話しです。ご承知の方のみ、覗いて下さいませ。