狭間図書館

ARTICLE PAGE

目覚めよ!

年前、領土問題に絡め・・・隣りの国がこの国へのレアアース輸出を制限した。
レアアース最大消費国であるこの国の最先端技術にレアアースは欠かせず、必要不可欠な素材の不足はイコール経済にも波及する
かと言って、いきなり代替えが可能ではないだろう。
それは、打撃が長く続く事への証佐でもあった

昨今のマスコミは、面白おかしく衝撃ある事は飛びついて馬鹿のようにこぞって連日報道するが、知っていた方が良い重要な事のその後は放置するのが常だ。
年前、あれほど報道されたレアアースがその後どうなったか・・・。
もの凄ーーーく気になっていたのだが、それが昨日漸く解った

レアアースで世界を牛耳れると目論んだ隣りの国のあては外れ、年経過した今・・・一時40倍にも価格高騰したレアアースは、暴落を始めていると言う。
単純に・・・この国が輸入量を大幅に減らした&隣りの国以外の国から、調達できるかも知れないからだと言う。
需要と供給のバランスが悪い時は・・・どうしたら良いか?
どちらかを刺激してやれば良いが、一方が止まってしまったと言うのであれば・・・他からの調達に需要量を減らす・・・そう、正しく最善の策が功を奏しつつあるのだ

実際、隣りの国では大部分の会社がレアアース生産を中止し・・・ヶ月が経過した・・・と放送では言っていた。
それは、価格を維持するための措置だそうだが・・・それはきっと無為に終わる事だろう
だって、価格は既に暴落しつつありますからね?
遠くない将来、他国のレアアースも流通始めたら・・・価格は更に暴落するでしょう。

『善徳女王』で・・・そんな話しがありましたね。
米を買占め、財産を得ようとする貴族と・・・それに対抗する王女徳曼

凶作・飢饉対策で取ってあったつ目の爆弾『備蓄穀物の放出』を断続投下・・・王室の蔵から穀物を大量に放出し、市場で商人に高値で売る。
事態の早期解決のために、速やかに大量の穀物を市場に流す事がキーワード。

一気に大規模な穀物を市場に流す事によって、買い占めをしている貴族達の財産を急激に圧迫する。
穀物が高値で売れたので・・・貴族達とは逆に、国庫には財が蓄えられていく。

ただ単純に利益を得たいだけなら、ここで止めれば良いが・・・貴族達の目的は自作農をしている者を圧迫し、最終的に土地と人(奴婢)を得る事にあるから、財産を圧迫されても欲が勝って更に穀物を買い占める。

断続的に、爆弾『備蓄穀物の放出』の投下。
また王室の蔵から穀物を市場に大量に流し、高騰した穀物を貴族に買わせ続ける。
高騰し過ぎた穀物のために、貴族の懐は益々きゅうきゅう圧迫される。

しかし、貴族の財産にも、当然限りがあるため・・・無限の買占めは出来ない。
そうこうしている間にも、市場にはいくつも爆弾『備蓄穀物の放出』が断続投下され続ける。
更に大量の穀物が流され・・・市場価格が、少しづつ暴落を始める。

おかしいと感じた貴族達は慌てて穀物を売りに出そうとするが・・・既に、暴落を始めた価格は恐ろしい勢いで下がり始める。
ここで、更に『兵糧米まで放出する。』つ目の爆弾を投下する。


今回の場合、穀物ではないし・・・買い占めている訳でもありませんけどね?
でも、似てるでしょ?
高騰した物が、暴落する辺り
恐ろしい事に・・・まだ他国のレアアースは、彼の国を圧迫する程出回っていないのに・・・既に暴落を始めている辺りですね
元も子も無くす・・・って言葉、彼の国にはないのかしら?

初めから小出しにしていれば良かったのに、他国の市場を奪うつもりで安値で投げ売っていた訳だから・・・。
一気に高騰した蜜の味は・・・忘れられないわね?

蛍光灯

その間に・・・この国は動いた。
苦痛の年の内に・・・この国では新しい取り組みが考え出され、新しい技術が出来たのだ。
誰が・・・使い古された蛍光灯から、レアアースを取り出そうと思うだろうか?
苦肉の策が、エコにも繋がり・・・起死回生のチャンスを生んだ

蛍光灯にブラックライトをあてると、青く発色するものがあるそうですが・・・その青く発色する蛍光灯にはレアアースが大量に含まれているそうだ。
蛍光灯は大概、ガラス管の内側が白く塗られてますね?
その、内側の白い部分に・・・お宝のレアアースが入っているのです。

正しく、都市鉱山・・・宝の山。
レアアースではないですが、携帯やらプラチナやらが使われているので・・・都市鉱山の一種なんですよ?
ご存知でしたか?
台のプラチナ等の含有量は微々たるものですけど・・・取り出せば、立派なお宝になるのです

磁石

協力な代替え磁石は、電気自動車に必須ですね。
身体を調べるために必要な機器、MRIとかにも・・・強力磁石は使われていますね。
強力磁石を作るには、レアアースを使うのが一番手っ取り早くて簡単なのですが・・・レアアース高騰と言う逆風を受け、東芝は技術開発を頑張りました

更に、レアアースが豊富に含まれている海洋資源も見付かり、今を耐え待っていてもこの先ろくな事にはならない。
一時期はレアアースバブルに湧いた泉は、遠くない将来枯れようとしている。
それに気付かないか?隣りの国の人?
手を打つなら、今今でっせ?


傍観している間に世界は動き、太刀打ち出来ない状況になってから資材を投げ売っても・・・当たり前な話、昔は取り戻せないのだ。
度舐めた蜜は、度とは舐められないのだ。

だいぶ前、この間亡くなった三宅氏が・・・
『彼の国は大き過ぎる。
大き過ぎる故、誰も彼の国を救う事が出来ない。
故に、彼の国の人自身がその過ちに気付かなければ・・・身食いをしている現状に気付かなければ、遠くない将来彼の国は己で己を破綻させる。』

・・・と言っていた。
それは、遠くない未来なのだろう。
きっと、三宅氏が想像したより遥かに身近な未来なのだろう。

たった年で、この有様とは・・・
何と脆い国なのだろう・・・。
人の作った物を瞬時に真似る・・・そんな事には長けているのに、技術は培おうとはしない。
それが、彼の国の敗因だろう。

かつて・・・この国にも、そんな歴史はあった。
知らないが故、ただただ真似るだけの技術泥棒。
しかし・・・幸か不幸かこの国には得た物は自分達で消化し、より良いものへと転換しようと言う貪欲さがあった。
所謂、技術者魂と言うものが・・・この国を逆境に強くした。
まだ、100%の復興とは言えないが・・・取り敢えず、大きな地震をいくつもいくつも経験し、それでもこの国は歩みを止めなかった

昨今、彼の国がこの国を含む他国といざこざをお越してまで・・・外まで出張って資源を漁ろうとしているのは、己を中を調べるより簡単だからだろう。
しかし・・・レアアースの件然り、そんな事は長くは続かない。
無い所から工夫する努力・無いなら無いなりにやりくりする技術を考える、そんな事をしない限り・・・人の上前ばかりをかすめ盗るのは限界があるのだ。

まだ力がある今のうちに、目を覚ませば取り返す事も可能であろうが・・・前のめりに倒れ込んでいる現状を、どうして傍観出来るのだろうか?
途上状態にあり、それを数年維持する事も叶わず・・・経済的発展が既に鈍化し始めている。
何と、脆いのだろう・・・

彼の国は今になって、『一人っ子政策』が誤りであったから修正すると言う
『一人っ子を押すあまり、国を支える子供の数が圧倒的に不足しているそうだ。
そんな事は、少し考えれば解る事だが・・・彼の国は、この国以上に未来に対する見通しが甘い

彼の国が愚策をしてくれたお蔭で、この国で新しい技術が生み出された
この国は、何度も何度もこの手の逆境にさらされ、それでも立ち向かって来た。
逞しく思う反面、隣りの国もそうなる事を望む。
ざまぁ見晒せ!と嘲笑するのではなく、隣り同志の国なのだから共に助け合い・切磋琢磨出来ると良いのに
そうでないと、人としての進化は止まってしまうから・・・。

目を覚ませ!隣りの国
目先の事ばかりに右往左往して、痛い目にあった事を教訓としなくてはいけません。
投げた石は、必ず自分に跳ね返ってくるのです。
跳ね返した相手を責めるのではなく、石を投げた己を反省しましょう。

人も国も・・・同じですね?

クーポン

サークルKの木~ぽん改めクーポンで当たりました
スミノフアイス・・・前にも当たった事があるので、回目ですね。
私はこれは飲めないので、また隣りの人に貰って貰いました