狭間図書館

ARTICLE PAGE

知ってまして?

あぁ・・・今日も眠い
ここ数日、マジで異様な眠さですね。
体調がイマイチになりつつある兆候なので、気を付けねばなりません。
覚えてないけど、たぶん夢見も悪いし。
起きた途端に忘れるけど、悪い夢である自覚だけは覚えてるんですね

まぁ、そんな時は・・・の夢に食べ物の夢辺りを見ているでしょう
忘れてしまってますけど・・・ね。
トラブル系の夢でないのは、確かなんですよ。

の夢】風邪の注意夢。
夢の中に『』が出て来たら、風邪に注意して下さい。
元気と思っても、身体は風邪と闘えない状態です。
』がコーヒー牛乳の様に汚い場合は、更に要注意です。
その上何かを食べていたら、その確率は倍増します。

私は何回も似た類いの夢を見なくても注意するようにしていますが、身体を冷やさないようにするとか、ビタミンを取るようにするとか…対策を打って下さい。
対策をとる事で、回避可能です。
同じの夢でも…重力に逆らって下から上へと流れる夢は、良い夢です。

食べ物の夢は、の夢と同一です。
食べてなくても、アウトです。
何かを飲んでいるも、食べている夢と同じです。
早い話し、何かを飲み食いしていたら・・・食べ物の夢っちゅう事ですね。


皆様も、くれぐれも御注意下さいね?
もう、病院は通常営業してますからね?
調子が悪かったら、病院に行きましょう。


『辰巳(たつみ)天井、午(うま)しり下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。
(いぬ)は笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)はつまずき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる。』

・・・という有名な文句をご存知ですか?
大概、全部は言いませんから・・・『辰巳天井(たつみてんじょう)』と言う冒頭だけを、取り上げられますけどね?

『戌亥の借金、辰己で返せ。』という格言もあり、戌亥の年は底値になりやすく、辰巳の年は天井になりやすいという経験から出た格言と言われています。

この下に入力した、物がぶっ飛びましたね
あぁ・・・一気に入力する気が失せた・・・
ここで止めたら、意味不明ですね。
あーーー・・・何書いたっけ?

株式
『安部相場』なんて・・・何とも・・今にもぱちん!と消えてしまう感じの、やわやわな印象ですね
まぁそれでも、一応『辰巳天井』の格言にそぐわった動きだそうだ。
前回、『辰巳天井』にそぐわった動きは・・・バブル景気が頂点を迎え、株式市場の史上最高値をつけた89年だそうです。
89年は、巳年です。
干支的には、イマイチ可愛いキャラではないけど巳年やるんです

まぁ、直接関係ない・・・とかをやらない人でもね?
無関係ではないので、そんな事があるのかぁ・・・と覚えておきましょうね。
何故って?
株式市場が、活性化するからです。
そうすると、あちこち波及効果ってのが出るでしょ?

波及ってのは、文字通り『波ですね。
が、及ぶって事ですね。

例えば・・・一条さんが会社をやっているとします。
一条さんは、1.000万円を持って会社をやっているとします。
ちんまい会社ですね

その1.000万円で、材料を買ったりして800万円使ったりしたとします。
その材料は、800万円でと言う会社に発注してました。
社は、一条さんに卸している部品を社から400万円で仕入れ、商品を作っていました。
なので、社は社に部品代を400万円払いました。
そんなミジンコみたいな金額でも、流れて行く先があるって事ですね

400万受け取った社は、そのお金で家賃を払い、光熱費を払い、諸々払って勿論従業員の給料も払った。
社で働いていた一条さんは、お給料10万円でした
やっすいなぁ、もっと上げてくれよ!
10万円のお給料の中から、家賃を払い、光熱費を払い・・・食費を捻出し生活しますね?
薄給なので、殆ど貯金出来ず使い切ってしまいました

そんなある日。
一条さんは、コストを抑えるために社より安く取引き出来る海外の会社を見付け、そこを取引先にして社とはさよならしてしまいました
一条さんシビアなのでね?

高が800万の売上でしたが、一条さんの会社社にとってメインの取引先でしたので、社は新しい取引先を慌てて探しました。
早々簡単に条件の良い取引先が現れる筈もなく、社が見付けて来た新規の取引先は600万円の売上にしかならないお客さんでした。
利益が400万から200万になってしまう上、あれやこれやを工夫しても会社を動かすお金がどうしても100万円が足りませんでした

仕方なしに、社は社に部品代を安くするよう命令に近いお願いします。
合わせて、人員整理をしたり・・・工場を縮小したりもしました。
社にとって、社はメインの取引先ではありませんでしたが・・・取引きがなくなるのは困る事には変わりありませんでした。
仕方なしに、社は社のお願いを受け入れます
新規の取引先を、簡単には見付けられませんからね?

社もあれやこれや工夫し・・・対応していましたが、取引先数社が似た事を言い出し、結局その分のマイナスはトータルするととんでもない金額になりました。
経営を、がんがん!圧迫する状況ですね?
その状況を打破するために、社は賃金カット等色々やりましたが経営は益々厳しくなりました。

社で働く一条さんは、お給料10万円から万円に減ってしまいましたが・・・それでも、自宅近くに働ける場所がなく、我慢して社で働いていました
万円減った事は、家計に大打撃を与え・・・とても生活が苦しくなりました
でも、ギリギリでも生活は出来ていました。

しかし、そんな状況が長く続く筈もなく・・・社は、倒産の憂き目にあってしまいます。
当然、社で働いていた一条さんは万円から収入(ゼロ)。
今月どころか、来月以降も(ゼロ)・・・無職になってしまいました
しかし・・・そんな事でめげてはいられない一条さんは、慌てて就活を始めました。

でも、こんなご時世だから・・・その道は厳しい
・・・って感じで、無関係ではないんですね

辰巳天の年は、市場が活性化するそうなので・・・『安部相場』だけではない、もっと上の天井を期待する訳ですね。