狭間図書館

Welcome to my blog

そんな日?

うーん・・・何だか、身体がイマイチ?
まっ、こんな日もあるでしょう。
明日は内科、明後日は眼科・・・母を病院に連れて行かねばなりません。
面倒ですね、病院は。
やれやれ

毎日毎日、同じ道程の繰り返しの日々ではあるけど・・・こうやって、私的にレギュラーになりつつあるイレギュラーの行動もあったりして。
生きて行くのは、面倒であり・・・面倒であり・・・面倒ばかりな日々?
時々、美味しい事もあったりするんですけど・・・少ないですね。
圧倒的に少ないからこそ、有り難いのでしょうけど。

最近、またバックヤードでこそこそしている私
迷える子羊は、減りませんねぇ
ふんぎるまでの、歩を踏み出す足が重い重い

その歩を踏み出したら、後はぐんと楽になり・・・
『私・・・なんでこんなつまらない事で悩んでたんだろう?』
・・・と思う事はお約束出来るのですが、高々数センチの高さがのように思えてしまうのですね
実は、その状況を目視・・・目で確認している人ってのは、いないんですよねぇ。

どちら様も皆、判をついたように同じ動作なのです。
どんな動作かって?
簡単ですよ。
目を、しっかり瞑っているのです。

では、どうしてを見るのか?
見てませんよ。
だって、数センチしかないのに・・・、たり得ませんでしょ?
目を瞑って、想像を掻き立て・・・ありもしないを想像しているのです。
人の想像力って、凄いですよねぇ?

以前、リアルな話しで・・・。
友人にサプライズで見せたい物があり、目隠しをした事がありました。
目隠しをしているけど、手をひいているし、障害物はないんだから・・・そんなに怖がる必要はないのに、その友人はビビり倒して歩を踏み出す事すら出来ませんでした。

彼女は、その闇の中で奈落を見たのでしょうか?
それとも、手を引いてるのが化け物だと思ったのでしょうか?
怖い怖いと連呼していた、彼女は何を見たのでしょう?

きっと、想像の中での恐怖ですね
でも、その想像が彼女の足を竦ませた

目を開けるだけ、なんですけどね?
思い出すだけ、なんですけどね?
を開けてちょー。
思い出してちょー。
を塞がないでちょー。
About this site
適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
About me
大半が【見えないもの】のお話しです。ご承知の方のみ、覗いて下さいませ。