狭間図書館

適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何だかイマイチ?

『はい、隊長。』
ぷくくっ
まだ見ているらしい)
いやぁー・・・おもろい

最近は・・・『はい、隊長。』
『はい、隊長。
一緒に言ってます
ぷくくっ


【 私信 】
昨日、久々にDVDの表面印刷を大量にしましてね?
保留になっていた物も、ついでに印刷しました。
今朝、各方面に発送しましたので・・・最終便をお受け取り下さいませ。

デジタルデータなので、残念ながらパソコンでは見て頂けません。
DVDプレイヤーで、ご覧く下さいませ。
些少な物ですが、ご笑納頂けましたら幸いです。



いやぁ・・・最終日。
この地域、えぇ天気・・・ですねぇ
明日から、衣替え・・・新しい月がスタートです。
物・・・出しましたか?
今年の梅雨は長くなるそうですけど、そろそろ準備だけはして下さいね?

我が家は、扇風機が活躍して・・・冷蔵庫作成も始めました。
部分的に、・・・してます
将軍の馬鹿坊ちゃん・・・先兵が来てますのでねぇ。
ここ数日は、が降って寒かったので・・・扇風機君は、静かにしてますけどね?

因みに、一条的『四季関係』は・・・
ラスボスは、悪名高き『将軍』です。
お父さんの跡を継いで何となく将軍になった苦労知らずのぼんぼんでチャラい馬鹿坊ちゃんと違い、一平卒から叩き上げた眼光鋭い泣く子も黙る本物の将軍です。
向う処敵なしの常勝ぶりで、我々平民はただ平伏するしかありません。

まっ、そんな将軍も美姫との誉れも高い姫には形無しで、姫が姿を現すと・・・そのあまりに愛くるしい姿の姫が、自分を恐れ怖がらせてしまうのではと隠れてしまうのです。
歴戦の猛将も、美人には弱かった

少し歳の離れた姫は、か弱い細工の様に儚くて・・・無骨な自分には、その儚さこそが宝のように思えた。
姫は、微笑むと花が綻ぶように美しく・・・蝶でさえ、その微笑に魅了される。
姫を知った者は、彼女を愛さずには居られなかった。

そして、姫は幼馴染の将軍の馬鹿坊ちゃんの事を、密かに慕っていたりする。
馬鹿坊ちゃんは、誰にでも気安く気さくなのだが・・・特に儚げでか弱い姫には優しかった。
まっ、顔は悪くないですからね?馬鹿坊ちゃん

色々な人達に愛され守られている姫には、自由気ままに生きている将軍は眩しく感じた。
自分を照らす太陽のように、圧倒的な存在感と力強さ。
その存在の大きさは、そのまま彼女の心に焼き付いた。

そー言う馬鹿坊ちゃん将軍は、幼馴染の姫の事を妹の様に愛しんではいるが、少し年上の月を想っていた。
の月の様に、冴え冴えとした大人の雰囲気ある美しい人。
自分には決定的に足りないものをたくさん持っている月は、将軍にとって憧れにも似た存在で、惹かれずには居られなかった。

月を前にすると、いつもの子供じみた坊ちゃん振りが鳴りを潜め、将軍は一端の将軍然と見えた。
の空に浮かぶ月を優しい眼差しで眺める月の傍にいられるだけで、将軍の心は満たされた。

一方、の空に浮かぶ月を眺めながら・・・月の心は別の者へと飛んでいた。
孤高を保ち、将軍を全うしながら・・・何処か寂しげな将軍。
名を口にするだけで人々が怖れ平伏する将軍は、孤独の将で・・・その孤独の空気は、月の目にどうしようもなく魅惑的に映った。

その孤独を理解し、その穴を埋める事が出来るのは・・・自分を置いて他にはいない。
実感にも近い思いが、月を支配していた。
何かに付け自分を訪ねる将軍の熱い眼差しにも気付かず、月は遠い人を想う。

・・・となっております

こないだまで、姫ちゃんがぽわぽわ居ましたけどねぇ。
にでも誘われて、どこかに行ったかな?
月が少しの間だけやってくるまで、馬鹿坊ちゃん将軍の大騒動に付き合わないと・・・いけないですね。
そして、将軍がやって来る前に・・・引っ越ししなきゃね! web拍手 by FC2
【 2013/05/31 (Fri) 】 何でもない事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。