狭間図書館

Welcome to my blog

人の世の常ながら・・・

お久しぶりでございます
いやぁー、すっかり正月ムードもなくなりましたが・・・新年そうそう、ブログ記事の更新がストップしてしまいましたね

まっ、去年末にあったゴタゴタや・・・その前からの流れをご存知の方は、ピンときているかもですが・・・。
ちょっと喪主をしていたものですから、記事の更新が出来ませんでした

正直、気分の良い話しではないし・・・聞きたくない方もいらっしゃるでしょうから・・・。
ピンと来た内容が、あなた様の嫌だなポイントを刺激しましたら、この記事の先を読まないで下さいませ。






















新年そうそう、2日。
母を病院に緊急搬送して貰いました。
当人は、渋っていたけど・・・翌日から、私は会社に出勤ですので・・・体調イマイチの母を一人にしたくない。
少しでも、呼吸困難等緩和になれば・・・との考えだった。

翌3日。
仕事を終え、病院に立ち寄った私が見た母は・・・なんだか、ドロの様にベッドに横たわり・・・様子がおかしい母だった。
明らかに、前日より体調が悪いように見えるのだ。
クタクタで、力の入らない身体。
『少しは楽になった?』と問う私に、『全然変わらない。』と言う。
思えば・・・もうこの時点で、母の寿命はラストカウントに入っていたのだろう。

そして、私にもう帰れと母が言う。
仕事をした後病院に寄ったので、私を気づかい言った言葉だった。
確かに、そこで苦しそうにしている母を見ていても・・・何も出来ない。
母も気になるだろう。
酸素マスクをし、息苦しい絶え絶えの息で、『車に気を付けて帰れ。』と言う。

そんな母に、私の事は心配しなくて良いから自分の事を心配して・・・と言えば、『そう言われても心配だ。』と言う。
いつまで経っても、あの人には私は子供なのですね。

そして、4日・・・。
夕方、会社帰りに当然のように病院に向かいました。
急な入院で買い足したけど、足らない物を持って・・・。
母が時間を気にしていたので、ベッドサイドに置ける時計も忘れずに。

母は、声をかけた私の声に反応するかのように、一瞬目をあけ『うん。』と返事もしたが・・・そのまま、眠るようにすぐ目を閉じてしまった。
けど、その目は・・・きちんと閉じていなく、半分空いた目を見た私は・・・母が長くないと直感しました。
そう、あれは正しく死人の目と言うやつだった。
濁った目には、生気を感じなかった。

ふと横を見ると、未使用で置かれていた医療道具のパッケージされた管が1つ使われており・・・。
ひょっとして、夜中に緊急事態が起きたのではないか?と、胸騒ぎがした私はナースステーションに向かい、何かあったのではないか?と問いました。

結果、私が見た管は痰を吸い出す時に使うもので・・・呼吸が難しく、力の無かった母には痰を吐き出す力もないのだと理解した。
が・・・私が呼んでも、身体を軽く叩いても目を開けてくれない母が気になり、起きてくれないと看護士さんに訴えた。
そしたら、看護士が大きな声で呼び掛け・・・身体をゆさゆさと揺すった。
看護士さんの問いかけに答える事なく、母は今度こそ本格的に眠ってしまったかのようだった。

翌日は日曜。
でも、母の状態を見ると・・・何かあってもおかしくない。
例え、休日出勤になっても・・・仕事を残したままでは、色んな人に迷惑をかける。
私はそう判断し、平日よりも早く出勤し・・・仕事を始めたのでした。

病院の母が気がかりだけど、私の仕事は月の頭が一番忙しい。
やってもやっても仕事は減らず、そうこうしたら10時半頃。
病院から電話がかかって来ました。
まっ、大概そー言う電話はよろしくない内容だと相場が決まっている。

内容は、夜中から母の意識レベルが悪く・・・先生が説明をしたいから、すぐ来て欲しいと言う。
母は、既に個室に移されたと。
正直、平静を装って返事はしましたが・・・やっぱり私も人の子だったらしく、手が震えていました。
仕事は途中だったから、一端区切りがつくまでと・・・心の中で母に謝り、更に仕事を続け・・・。
病院へと向かう。

会社から病院までは、30分もかからない距離なんですけど・・・自分が平静ではないので、そこまでの運転が怖かった。
で・・・病院に付くと・・・。
母は看護師さんの言葉通り、個室に居て・・・。
酸素マスクが外された状態で、横になっていた。

外科の先生の説明では、呼吸困難がために酸素マスクを付けたが・・・。
体内の二酸化酸素をうまく排出できず、それが脳の方にまわり・・・そうなると、脳は呼吸を少なくするように・・・と誤作動をして命令を出してしまうので・・・また呼吸が苦しくなる。
・・・で、酸素濃度を上げるとまた二酸化炭素が脳にまわり・・・と言う悪循環に陥り、既に母がその状態であり・・・。

先生は、『もって2・3日。』と言う。
『お母さん、よく頑張ったじゃん。』と言われても、言葉を理解できなかった。

頑張ったって、どう言う意味?
楽になると思って入院させたのに・・・何で今今、死にそうになってるの?
まだ、入院して4日しか経ってないのに?

なぜ、家族に聞かないで酸素マスク外してるの?
今だって、呼吸おかしいのに・・・何もしないの?
病院に連れてきた、私が悪いの?

酸素マスクを外され、意識のない母。
そんな母がゆるゆると逝ってしまうのを見ているのはとても嫌だったし、会社に仕事もまんまほかってある。
ナースステーションに居た主治医に許可を貰い、私は会社に帰って仕事を片付ける事にした。
今日くらいは、大丈夫だろうと言う気持ちもあったので。

母の弟の叔父達に連絡をし、会社の隣りの人に事情を説明し・・・やりきれない仕事を一部今から引き継いで貰いたいので、会社に来て貰えないかとお願いし・・・。
後ろ髪ひかれる思いで、会社に戻りました。

・・・で、突貫で仕事を片付け・・・駆けつけてくれた隣りの人に動揺した頭で引き継ぎの説明をし・・・。
関係するであろう部署に連絡し、お客様にもその事でご迷惑になった場合の対処を指示し・・・。
怒涛の時間が過ぎていきました。
その間、隣りの人が私を思いやって話しに付き合ってくれた事がとてもありがたかった。

やれやれ、これで終わったと漸く会社を出たら・・・。
また、病院から電話があり・・・もう呼吸が止まりそうだと言う。
丁度向かっているところだと告げ、病院に駆けつけると・・・。

せっかちな母は、20分前に逝ってしまった後だった。
連絡をした時、出先だったので掴まらなかった叔父夫婦が母が息を引き取る瞬間、立ち会ってくれたそうでけど。
まぁ、本来なら?
親の死に目にも会えず・・・とか言いますけど、16時ごろから会社で気配があったですよ。
信じたくなかったから、無視したけど。

隣りの人も感じる人なので、私に言わなかったけど・・・。
その時、母の気配を感じ・・・ヤバイと思っていたそうだ。

それに、母は真面目な人だし・・・そー言う理解があるので、『仕方ない。』と言ってくれるんですよ。
だから、大丈夫なのです。
仕事をしてて、間に合わなかったなんて・・・真面目な私らしいし?
叔父夫婦には、怒られる事覚悟で事情を説明したけど・・・『仕方ない。』と言ってくれました。

母の最期は、まるで眠るようだったと2人が言う。
『姉さん辛いの?』と話しかけた義叔母をじっと見て、眠るように目を閉じて・・・。
そのまま、すーっと逝ってしまったそうだ。
本人、常々ぽっくり死にたいと言っていましたので、ベッドの上での長患いにならなくて良かったのかも知れませんね。

母が、今回の危機を乗り越えても・・・おそらく、もう寝たきりになるか今以上の介助が必要だろうから、最悪会社を辞めなきゃなのかな?
・・・と真剣に考えていたので、そんな娘が不憫で気兼ねを減らしてくれたんだな・・・と思います。
私もいい歳なのに、車に気を付けろ・人に気を付けろ・人付き合いに気を付けろ・・・母の口癖でした。
最後に言われた言葉が、『車に気をつけろ。』・・・挙句、せっかちにも4日で逝ってしまうなんて・・・母らしいではないですか。

原因
クリックしたら、大きくなります)

直接の死因は、『癌性胸膜炎』だそうです。
癌がある事で、胸膜の炎症が起こって水が溜まる・息切れがする・・・とか。

あざ
クリックしたら、大きくなります)

あざですよ!あざ!
このブログを読んでいる方なら、解るものです。

5日の日の、17時30分に亡くなり・・・。
ボロ屋に連れて行けないので、そこから葬儀会館に運び・・・。
日程の都合で・・・仮通夜・本通夜・告別式・・・亡くなった日から入れると、4日間。
まだやる事いっぱいあるけど、今日やっと会社に来れたのでした。
全く・・・新年早々、忙しいスタートなのでした。

でね?
その4日間・・・。
会館の使用料、いくらと思います?
14万でっせ?

亡くなった日、¥30.000
仮通夜、¥30.000
本通夜、¥40.000(ここから、ホールに祭壇が出来る)
告別式、¥40.000
私ってば、引っ越しではなく・・・母が死ぬ準備してたみたいじゃん?

今ここを読んでいる、あなた様?
笑える位、お金がかかるんでっせ?
その辺の事も、赤裸々にUPします。

あぁ・・・長くなったな・・・。
続きは、明日以降。
明日は、お寺にお布施を持って行って・・・49日でやるか、35日でやるか言って・・・。
49日までの法要代は、いかほどか聞かなきゃだし・・・。
(本来なら、不躾ですが。聞かないで間違えるより、聞いた方が良いのですよ)

うちは、家族葬にしたので・・・基本2人の僧侶を、1人にして貰いましたけどね?
告別式2人なら、枕経から・・・初七日までで、30万です。
1人でやって貰ったので、20万ですけど・・・。
葬儀は、マジで高いですよ?
その辺の事も、書き残しますね。

お寺に行った後、区役所に行って保険証等を返却して(でないと、県から出る葬祭費50.000円が貰えない)・・・お世話になった病院2箇所で、支払いの清算をして・・・会社に来ますので。
明日は、お昼からの出勤です。

この事で、引っ越しは近々でする事になり・・・まぁ、その辺の話しもいずれまた。
親が山のように遺した物を、片付けないといけませんしね。

Comments 4

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/10 (Fri) 12:45 | EDIT | REPLY |   
一条">
一条  
Re: いらっしゃいませ、シーコメさん

おそれいります。
お気づかい頂きまして、ありがとうございます。

いつか必ず通る道とは言え、切ない話しなのですけど・・・。
あなた様も、お母様を大事にしてあげて下さいませ。
口煩くてもい、ないと寂しいものですので。

うちは、叔父達がまだいますから助かりましたけど・・・。
家族葬は、煩わしさがないけど・・・寂しいですね。

2014/01/10 (Fri) 14:04 | EDIT | 一条さん">REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/11 (Sat) 11:24 | EDIT | REPLY |   
一条">
一条  
Re: いらっしゃいませ、シーコメさん

おそれいります。
お気づかいありがとうございます。

まぁ、喪主は大変ですね。
葬儀の場数は踏んでいたけど、喪主は初体験ですので。
もう、知らない&解らない事だらけ。

頭の中、真っ白なのに・・・色々聞かれるし。
それも、何とも出来ない事を。
例えば、参列者は何人来るかとか?
それに付随した食事は、何人分用意するかとか?

祭壇1つとっても、30項目位を・・・1つ1つ決めるんですけど。
もう、なんでもいいわ!と言いたいけど、言われても相手が困るだろうから決めるんですけどね?
挙句、そうやって決めた物があっと言うまに100万超えとかした日には・・・。

全く、この国の葬儀代は高過ぎますね。

2014/01/11 (Sat) 15:04 | EDIT | 一条さん">REPLY |   

Leave a reply

About this site
適当に書き連ねる【ご意見無用】のblog。 大半が目にみえない物のお話しなので、ご注意下さい。
About me
大半が【見えないもの】のお話しです。ご承知の方のみ、覗いて下さいませ。