狭間図書館

ARTICLE PAGE

過去記事2

Posted on July 17, 2007 by 一条
★また雨です・・・
2007年07月17日 | 心の味覚

人に相対すると、そこにどうしても 『 好き ・ 嫌い 』 と言う感情が浮上してしまいます。
対象が1人であるなら、嫌な部分は目をつむりやすいのですが、我慢しなくても他にも人がいるせいなのか…
多人数の場合、一旦 『嫌い』 と位置付けした人間は、なかなか 『好き』 になれないものです。
(無理して好きにならなくていいですが)

あの人は気がまわらないから
仕事をしないから
自分の悪口を言ったから…

理由は様々でも、相手の事をよく知らなければ、嫌いは易々と好きに転換してくれません。
嫌いな人を嫌いと言う目で見ても、腹立たしさしか感じませんから、ストレスが溜まって仕方ないですね。
では、見なければいいのですが、何故か好きな人以上に目に入ってしまうものです。

それでも私は、見るな気にするなと言います。
そんな事初めから
やれないと決めないで、少しづつでも実行して下さい。
そんな事に使っていた時間を、少しづつ他へとまわします。

私自身も実証例ですが、それを実践してくれた人は何人もいます。
時間はかかりますが、誰でも必ず出来ます。
それも、開運の道の1つなんです。
嫌いな人に貴重な時間を使うなんて、考えただけでも腹立たしいですよ?

宝くじに当たったりする事ばかりが、開運ではありません。
確かに、それなりに嬉しいですけどね。
もし、自分が急に入院したら…慌てて駆け付けてくれる友がいますか?
そんな友達は、大金を積んでも売ってませんよ?

そんな友を持ち得る人生、それはきっと笑いの絶えないものでしょう。
『 好き ・ 嫌い 』 があってもいいのです。
しかし、それに囚われてはいけません。

人に与えられた時間は、限られています。
嫌いな物にヤキモキ囚われている暇があるなら、好きな事楽しい事に時間を割く方が良いと思いませんか?

『あいつムカつくー!』 ・・・と思い続ける時間を、
『あの人カッコイイー。』 に変えた方がよくないですか?
『あれ面白いー。』 でもいいですよ。