狭間図書館

ARTICLE PAGE

無限に続く鎖

やっと・・・1週間が終わりますね・・・長かった・・・
もう、エネルギーが残ってません

そして・・・3連休中は、台風がやってくるーーー!
皆様、お気をつけ下さい。
私は、外出しないから関係ないですけどねぇー。
がっちり、寝倒します
体力回復しないと

桜並木に続く道
(クリックすると拡大します)

絶好ポイントで車を止められなかったので、ドアミラー超しにパチッとな。
この道は、今は朝しか通りませんが・・・見事な桜並木に続いていて、好きな道なんですね。
左右から木がワサーッと生えていて、大きな緑のトンネルな所も好きな道。
以前UPした15mを超しそうな大木も好きだけど、こー言う小ぶりの木も大好き

けど、森は苦手なのです。
虫虫天国なので
私には、これ位の距離感が丁度良い。

  

あぁ・・・今日は、暑くもなく寒くもなく・・・心地よい風が吹いて、心地よい日ですね
秋っぽい日ですが、明日からは雨ですね。
台風のせいで。

私は、昨日の夜に夏用のミラーカーテンを洗いました。
日差し対策で、2枚重ねてあるんですけどね?
もう、日差しはそこまで狂暴ではないので。
あぁ、ミラーカーテンってのは外から見え辛い構造のカーテン・・・ってやつです。

夏は、できるだけ明るさは室内に入れたいが・・・暑さや日差しはカットしたいので。
試行錯誤で、ミラーカーテンの重ね使いになりました。
結構、良いですよ?
1セット(2枚)、普通のレースのカーテンよりお高いですけどね?
値段以上の価値はあります。

  

今月も、もう半分消化。
早いなぁ・・・。
今年も、本当に色々あったなぁ。
このブログに来て頂いているあなた様にもね?

年齢的でもあるけど、身内を亡くされた方も多かった。
それと、新しい人生を歩み始めた方も。
私の周り(身内)では、もう一通り逝ったので・・・亡くすってのはありませんでしたが。
周りでは、ガンガン亡くなりましたね。
そー言う意味での、代替わりの時期でもありました。

病気・事故・故意・・・亡くなり方も、色々ですが・・・
逝く方も、見送る方も・・・考えることが多かった。
どちら様のご冥福もお祈りいたします

死ぬって、順番なんですが・・・
時々、年齢と言う順番を飛び越してしまう場合がある。
若くして亡くなるとかね?

どうして、そんなことがあるのか?
とかって、考えることがある。
勿論、答えなどないので・・・その思考は、早急に押しやられてしまうのですが。
どうして、そうなってしまうのかな・・・

Posted on July 18, 2007 by 一条
★束の間の晴れ間?
2007年07月18日 | 心の味覚

この季節になると、高校2年の時のクラスメイトを思い出します。
いつもギャーギャー騒いで笑っている私と友達を、にこにこ見ている大人しい子でした。
私には愉快な友達がたくさんいて羨ましい、楽しそうで羨ましい…
とよく言っていました。

卒業式、『ニュースになるなよー!新聞には載るなよー!』と手を振り涙混じりの笑顔で別れた筈なのに、彼女は数年後ニュースで名前を呼ばれ、新聞に名を載せる事になりました。
大学で福祉を学び、週末に東京迄勉強に行く位の頑張り屋さんは、歳をとらない国の住人になったのです。


私の学生時代の友人・知人も・・・
私が知らないだけで、きっと結構亡くなっているんだろうな。
私が知っているのは、20代で亡くなった2人ですが。

1人は、新聞・ニュースで取り扱われ・・・
もう1人は、朝起きたら死んでいた・・・なんて感じで亡くなりました。

死ぬって、なんですかね?
・・・生きるのを止めること?
・・・人生を止めること?

ブログ記事でも取り上げた彼女のことは、事あるごとに思い出すのです。
クラスメイトではあったけど、そこまで親しい仲ではなかったのに。
死んだ彼女が会いに来てくれたのは、そう何度もあることではないのに。

どうして、忘れないのかな?
どうして、思い出すのかな?
どうして、死んでしまったのかな?
どうして、そうなってしまったのかな・・・

彼女は、きっと私より真っ当に・・・一生懸命生きていたと思う。
でも、全てを捨てなくてはいけなかった。
一人娘だったから、親御さんの嘆きも大変なものだったと聞いた。
でも、全てを捨てなくてはいけなかった。

どうして、死んでしまったのかな?
どうして、そうなってしまったのかな・・・

死ぬって、なんですかね?
生きるって、空しいですね
死を理解しても、答えはでませんね。

私の中の彼女は、おさげ髪のまま
うちの高校は、校則厳しかったから。
私に羨ましい羨ましい言っていた彼女の方こそ、私は羨ましかったのにね。

何かを持っているから、幸せとは限らない。
何かを持っていないから、不幸とは限らない。

たくさんの人を見送り・・・
いつか自分も見送られ・・・
自分も誰かに、思い出されたりするの・・・かな?