狭間図書館

ARTICLE PAGE

過去記事3

Posted on July 12, 2007 by 一条
★夏遠からず・・・?
2007年07月12日 | 心の味覚

このところ『疎外感』と言う言葉をよく耳にします。
それをテーマに語ったのは、昨日で3人目。

会社とか学校とか、好みに関わらずの集団であるなら仕方ないけど、『仲間』内でどうして気が使えない人が多いのか・・・。
『仲間』の数が増えたなら増えたで、それにあった気の使い方があると思います。
複数いる仲間で、輪に入れない人がいたら・・・どうしますか?
『仲間』内で感じる疎外感は、切な過ぎます。

その人が勇気を出して声をかければいい・・・
ではなくて、こちらも声をかけてあげる優しさ位、あっても良いと思います。

誰かに強要された集まりではないのだから、『敵』ではないでしょうに。
その人の態度が悪い?
・・・それには理由がないですか?

『どうしたの?』
と聞くのは1分もかかりませんよ。

その人が好きじゃないから?
・・・それでは何故誘ったんですか?
不快にさせたかったんですか?
時間を作り、場を共有するのであれば、相手に気を使うのは当然の礼儀です。

あなたは・・・していませんか?

何故その人が1人なのに、気にならないのですか?
自分は平気でも、万人がそうではありません。
『私も』と言えない人もいるんです。
いつもは遠慮ない人でも、言えない時はありますよ?

解る人には解る・・・・・そんなお話し。